ビジネス

低品質なものを作っている会社がコンサルタントを雇うと利益はどれくらい出るの!?

投稿日:2021年8月21日 更新日:


 

今回はコンサルタントを雇うとどのくらい利益が出るのかということです。

 

とはいっても、今回コンサルタンティングを雇う実験は低品質を作っている会社です。

 

ですので、普通の会社には当てはまらないと思ってください。

 

スポンサーリンク
 

 

コンサルタントを雇うと!?

 

スタンフォード大学のニコラス・ブルームたちは、インドの繊維工場20か所で実験を行った。(1)

 

無作為に選ばれた14の工場が、国際的な経営コンサルティング会社アクセンチュアから、5カ月間にわたって経営アドバイスを受けた。

 

その後の生産性と比べると、経営アドバイスを受けていた工場の方が生産性が10%高かった。

 

アドバイスは無料だったが、生産性向上が多大だったため、仮に相場通りの報酬を払ったとしても利益が出ていた。

 

 

ただ、全ての企業がコンサルタントにアドバイスを求めれば利益が出るわけではありません。

 

世界各地の経営品質を調べると、インドの企業にはかなり低い評価がつくことが多いようです。

 

この研究者の論文には、介入前の工場を写した写真があります。

 

これを見ると、工具は床に散らばり、山のようなゴミは放置され、機械はメンテナンスされておらず、材料となる糸も袋にただツッコまれているのがわかります。

 

だから、外部のコンサルタントが入れば当然、管理者を促して工場を清掃させ、コンピューター管理のシステムを導入して、生産性を向上させられたと考えられます。

 

ですので、最初からきちんと操業している会社なら、アクセンチュア、マッキンゼー、ボストン・コンサルティングといった大手コンサルティング会社の介入を受けても、恩恵は大幅に小さかったと考えられます。

 

同様に、エジプトの絨毯メーカーに無作為に輸出機会を提供した実験では、輸出市場との接点が生じたことで、その後の利益が最大4分の1伸びたことが確認されています。(2)

 

ですが、これほど大きな効果は、高所得国家ではおそらく実現しません。

 

ちょっと一言

まぁ、基本的にメンテンナンスや掃除ができていないところから始めれば、コンサルタントを雇わなくても、社長がそういう指示をすればいいだけの話だと思いました。

 

繰り返しになりますが、普通の会社がコンサルタントを雇ってもこんな利益はでませんので注意てください。

 

 

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-ビジネス

執筆者: