料理

anovaを使って、鶏肉(胸)を調理するために温度55.5℃で9時間やってみた!

投稿日:2018年7月10日 更新日:


anova、鶏肉、胸、調理、温度、時間

 

最近、料理を始めました。

 

といっても簡単なものばかりですが。

 

きっかけは、ニコニコ動画のメンタリストDaiGo&つっしーのメンタル料理講座というチャンネルを見て、簡単にできそうかなと思ったことです。

 

しかも、健康的でおいしいという料理を紹介してくれるチャンネルなので、見よう見まねでやっています。

 

スポンサーリンク
 

 

その中でも、特に簡単な鶏むね肉を低温で調理するだけの料理(?)を作ってみました。

 

やり方は簡単で、鶏肉をジップロックに入れるだけ。

 

といっても味気がないので、カレー風味にするために、ターメリックやクミンなどのスパイスを鶏肉に適当にふりかけました。

 

それをジップロックに入れ、

 

そのあとに、

にんにく・・・・・・・・・1かけ(スライス)
しょうが・・・・・・・・・1かけ(スライス)
バジル・・・・・・・・・・2~3枚
オリーブオイル・・・・・・大さじ3
ブラックペッパー・・・・・2~3ひねり
塩・・・・・・・・・・・・全体の重量の0.9%

 

これらもジップロックに入れ、混ぜれるために適度に揉みます。

 

そして、anova(低温調理器)で、お湯を55.5℃にセット。

 

そこに、ジップロックの口が開いたまま、お湯が入らないようにしてジップロックをお湯の中に入れます。

 

すると、水圧でジップロック中の空気が自然に抜けます。

 

そうしたら、ジップロックの口を閉じて、淵に洗濯バサミでも何でもいいので止めておいてください。

 

ちなみに、僕がやったのはこんな感じです。

 

anova、鶏肉、胸、調理、温度、時間

 

これで、9時間待つだけ。

 

9時間といっても、何もしないで良いので独り暮らしでも、朝少し手間をかけて、夜帰ってくれば一品出来上がっているので便利だと思います。

 

最長で20時間放置しておいて大丈夫だそうです。

 

少しパサつくらしいですが。

 

今回、鶏肉はスーパー(生協)で買いましたが、400円でこれだけの量が食べられる(3人前くらい)なら、もっとやりたくなってきましたし、こう考えるといかに外食がばからしいかと感じました。

 

といっても、普段から全く外食はしませんが。

 

調理器具や材料が気になる方は、下に書いておきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-料理

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク