料理

食事をしている時に一番満腹感に影響するのは風味、味、形のどれ!?

投稿日:


 

今回は、満腹感に影響を与える理由についてです。

 

それが味なのか、口当たりなのか、風味なのか。

 

みなさんはどれだと思いますか。

 

スポンサーリンク
 

 

たくさん食べられる理由は?

オックスフォード大学バーバラ・J・ロールスたちの研究によれば、サンドイッチを1種類だした時よりも、3種類だした時の方が被験者が食べた量は33%増加した。(1)

 

一方で、形や口当たりを変えた時は、食べた量は15%だけだった。

 

ジョンズホプキンス大学の研究者たちは、感覚特異的満腹感に対する年齢の影響を、青年(12〜15歳)、若年成人(22〜35歳)、高齢者(45〜60歳)、および高齢者(65〜82歳)で調査した(n =グループあたり24)。(2)

 

被験者は、5つの食品を一口ずつ食べ、感覚特性の快適さと5つの食品を食べたいという彼らの願望を評価し、次に一定量(300 g)または食品の1つ(ヨーグルト)を好きなだけ食べて、食品を再評価しました。

 

他の4種類は綱サラダ、クラッカー、ニンジン、プレッツェルを提供した。

 

見た目も味もすべて異なっていた。

 

その結果、参加者たちは年齢に関係なく低い点数をつけた。

 

しかし、2回目食べたヨーグルトではほかの4種類の食べ物よりも高齢者以外は全員低い点数をつけた。

 

一方で、65歳以上のひとたちは、ヨーグルトと他の食べ物間で違いは見られなかった。 

 

そして、参加者に嗅覚テスト実施したところ、高齢者のグループの嗅覚能力は、他の年齢の人たちよりも下回っていた。

 

ちょっと一言

つまり、高齢者の嗅覚が衰えているということは、ヨーグルトと、プレッツェルやツナの間で差が見られなかったことの理由になります。

 

高齢者は風味の違いに敏感に反応しないので、選択肢があっても、他のものを食べようとはしないのです。

 

これは、感覚特異的満腹感には、口当たりや形や味よりも風味が大きく影響しているということが言えるのです。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-料理

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク