ダイエット

お菓子の誘惑に勝つ方法!~ダイエットで食べ物の誘惑に負けないためには?~

投稿日:2018年10月17日 更新日:


お菓子、誘惑、勝つ方法、ダイエット、食べ物、誘惑、負けない

 

僕自身、あまりダイエットはしたことはないのですが、お酒が好きでダメだと思っていても飲んでしまっていた時期がありました。

 

そういう意味では、ダイエットをするためにお菓子の誘惑に勝つことに似ていますね。

 

で、多分お菓子を食べないようにするには一切買わないし、見ないようにしていませんか。

 

そして、お菓子が目に入った途端、ドカ食いをし、ダイエットなんかもういいやなんていう経験はありませんか。

 

実際それをやると、逆にお菓子の魅力が高まってしまうのでうまくいきません。

 

では、どうすればいいのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

誘惑には勝つには!?

シカゴ大学とニューヨーク大学の心理学者たちは、希少=価値の原則に基づき、逆説的な自制心の見解を検証することにした。(1)

 

それは、甘いものが手に入りやすくなれば、それに対するよっくが弱まるのではないかということだった。

 

甘いものがすぐそばにあるのは、健康を保つという高尚な目的の脅威になるのでその大義を守るために脳が甘いものをへの欲求を弱めるという理屈。

 

つまり甘いものがすぐ手に入るところにおいておけば、それを食べたいという欲求は減るということ。

 

そのために、ジムに通っている女性たちに被験者になってもらい、グラノーラバー(知りある食品)とチョコレートのどちらかを選んでもらい、それぞれについて、食べたいという気持ちがどれくらいつよいかをひょうかしてもらった。

 

ただし、選ぶ前に評価してもらうグループと、選んだ直後(ただし食べる前)に、食べたい気持ちを評価してもらうグループに分けた。

 

これは甘いチョコレートがすぐに手に入る時と、入らない時で、それを食べたい欲求の強さが変わるかを比較するためだった。

 

その結果、それぞれを食べたいという気持ちの評価を、実際に選ぶ前に行った時、被験者たちは、グラノーラバーを高く評価した。

 

つまりチョコレートを低く評価した。

 

ところが、選んだあと(つまりチョコレートが選択肢から外れたあと)に評価させたとき、食べたいという欲求はどちらも変わらなかった。

 

ようは、選択肢に入れておけばいいのですね。

 

つまらないことだって!?

心理学者たちは、それを確かめるために別の実験を行った。

 

今度は、仕事と遊びのどちらをとるかという状況を設定した。

 

実験の対象はシカゴ大学ビジネススクールの大学院生だった。

 

彼らは、耐えがたいほど退屈だが、どうしても単位が必要な授業をとっていた。

 

その学生たちにいくつもの娯楽について、魅力をどう感じるかを評価してもらった。

 

例えば、映画やパーティーなど。

 

一部の学生には、その退屈な授業をやめることができる時期に評価してもらった。

 

他の学生には、授業選択の締め切りが過ぎた後で評価してもらった

 

つまり決心が返られる学生と、変えられない学生に分けた。

 

すると、つまらない授業をやめる選択肢がある学生は、遊びたいという欲求を抑え続けることができた。

 

一方、締め切りが過ぎた学生は、遊びへの切望をあらわにした。

 

ちょっと一言

誘惑に負けないためには、その誘惑自体いつでも選択肢に入れておくことによって、いつでも手に入るのだという気持ちになって、逆説的に自制心が働くということでした。

 

だからといって、目の前にお菓子を置いておくのはNGだと思います。

 

お菓子は買って家に置いておくのはいいですが、ポイントは20秒かけないと開けられないようにしておくのが良いです。

 

そうすると、選択肢はありますが、すぐに開けられないというめんどくささがかけ合わさって、結果的に食べなくなってきます。

 

だからといって、ずっと我慢がしなくていいです。

 

2週間に1回はチートデイと言ってずるをする日を作っておきます。

 

こうすることによって、ゴールが明確なのでモチベーションになりますし、脳が飢餓状態だと思わなくなるのでそのまま脂肪燃焼レベルは下がらずに済みます。

 

しかし、ずっと我慢すると飢餓状態だと脳が感知し、脂肪を燃やしにくくするのです。

 

大昔は人類が生き延びるための当然のシステムが今も残っているということです。

 

いずれにしても、遊びなど好きなことがいつでもできるという感覚を持っているだけでも大分心理的に楽になるので、目の前のことに集中でき、作業もすぐに終わらせられると思います。

 

その分、遊んだり好きなことをやれば好循環が生まれるはずです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ダイエット

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク