ダイエット

食事の満足度を高めるには自分で自由に決めた簡単な儀式をするだけで良い!

投稿日:2021年3月5日 更新日:


 

今回は、食事の満足度を高める方法についてです。

 

今までもいくつか紹介してきましたが、今回は「そんなことで!?」と思う方法です。

 

それは、儀式です。

 

儀式と聞くと、「怪しい」と思うかもしれません。

 

僕自身は、そう思っていました(笑)

 

ですが、儀式というのは僕たちが思っているほど重いものではないのです。

 

それは、お菓子の包みをいつもと少し違うやり方ではがせばいいくらい軽いものなのです。

 

スポンサーリンク
 

 

儀式が職の満足度を高めてくれる!?

ハーバード大学のフランチェスカ・ジーノたちは、いくつかの実験を行い、儀式的行動がその後の食事の満足などに影響を与えるかどうかをテストした。(1)

 

実験1は、儀式的な行動をとった参加者は、そうでない参加者と比較して、チョコレートをより風味豊かで価値があり、行動を味わうに値するものとして評価した。

 

具体的には、チョコレートバーを食べる際に決まった手順で、最初にバーを半分に割り、まず片方の包みをはがしてたべ、それからもう片方の包みをはがして食べた。

 

その結果、その儀式を行った被験者は、いつも通り食べた人や食べる前に自由に儀式めいたことをしてもらった人に比べて、チョコレートの味わいを楽しめることがわかった。

 

また、美味しさが長く続き、より高い金額を払っても良いと思っていたことを報告した。

 

この効果は、チョコレート、レモネード、さらにはニンジンにも見られた。

 

ニンジンの時は、指で机をたたき、目を閉じて、深呼吸をした場合でも効果は同じだった。

 

実験2は、ランダムなジェスチャーは儀式的なジェスチャーほど消費を促進しないことを示した。

 

さらに、儀式と消費の機会との間の遅延が楽しみを高めることを示した。

 

これは、儀式の行動が(消費する)目標指向の行動を刺激するという考えを証明した。

 

実験3は、自分で儀式を行うと、他の人が同じ儀式を行うのを見るよりも食事への満足度が高まることがわかった。

 

これは、儀式の利点が現れるには個人的な関与が不可欠であることを示唆していた。

 

ちょっと一言

この理由としまして、儀式を行うことでその人の意識が食べ物にむかうので、食の経験がより強く感じられるからだそうです。

 

つまり、儀式を行うことでこれから食べるものに集中するようになり、没頭するのです。

 

だから、儀式で美味しく感じられるのです。

 

そういう意味では、欧米では、食事をする前に祈りを捧げたりするのはすごくいいことですよね。

 

日本は「いただきます」くらいしか言わないので、儀式にはなっていない気がします。

 

ですので、儀式なんかは何でも良いので、やってみるといいと思います。

 

例えば、料理をインスタとかに上げてから食べるとかでもいいかなと思います。

 

多分、それで食に集中ができると思いますので。

 

満足度を高めたい方は、自分なりに儀式を考えて実践してみては。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-ダイエット

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク