ダイエット

自分が食べたいものをメチャクチャたくさん食べたところを想像すると!?

投稿日:


 

今回はダイエットについてです。

 

ダイエットって、結構食事量を減らしたりお菓子を食べなかったりと我慢の連続かと思います。

 

そのせいで、かえってストレスになり、ドカ食いをいつの間にして、「もうどうでもいいや」なんていうことになりかねません。

 

そこで、これから紹介する方法は我慢をそこまでしなくてもいい方法について紹介します。

 

もしダイエットをしていて何かを食べたいという気持ちがわいてきたら、別に本当に食べなくてもその気持ちは抑えられるそうです。

 

スポンサーリンク
 

 

想像するだけで!?

ボストン大学のキャリー・モアウェッジは、食事を想像しただけでも食欲が抑えられるのかどうか実験した。(1)

 

実験では、一方のグループにはキューブ型のチーズ30個、〈エム・アンド・エムズ〉30個を何度も食べることを繰り返し想像してもらった。

 

もう一方のグループには、コインランドリーで25セント硬貨を30枚入れるところを想像してもらった。

 

その結果、両者に食べてもらったところ、前者は後者の半分しか食べなかった。

 

ところが、想像で食べてもらうチーズやチョコレートを3個にした時には差がつかなかった。

 

また、この方法はチーズにしてもチョコレートにしても、味が落ちるわけではなかった。

 

これは感覚特異的満腹感と違い、その食べ物の物理的な特性に触れていないから。

 

また、これは自分で想像した食べ物にしか効き目がないようです。

 

例えば、チーズを30個食べるところを想像しても、チョコレートや他の食べ物を食べたいという気持ちは抑えることができなのです。

 

ちょっと一言

ということは、自分が食べたい食べ物をお腹いっぱいになるところまで想像しないと意味がないみたいですね。

 

かといって、全然食べないようにしなくてもいいのです。

 

想像したおかげで、そんなに食べなくても気が済むということは大きなメリットかなと思います。

 

これはお酒なんかでも同じ原理が働くはずなので、試してみる価値があるかと思います。

 

そうすると、お酒の量も減るかもしれません。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-ダイエット

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク