ダイエット

食事量を減らすコツってあんの?~食べる量を減らしたいなら~

投稿日:


食事量、減らす、コツ、食べる量、減らしたい

 

食べる量を減らしたいんだけどなかなか減らないんだよねーなんて方もいると思います。

 

街に行けば、「大盛り」とか「メガ盛り」なんて言葉がよく目につきます。

 

しかも、なんか得なような気がしてしまい、つい食べたりしてしまうことはありませんか。

 

また、おなかがそんなに空いていなくても、同じように食べてしまった経験もあるはずです。

 

それこそ、人間が必要なカロリーを計算できていない証拠です。

 

では、何で判断しているのでしょうかね。

 

スポンサーリンク
 

 

食べる量が増えたり減ったりするのは?

ペンシルベニア大学の心理学者、アンドリュー・ガイア―たちは、3つの実験を行った。(1)

 

一つ目の実験では、トッツィロール(棒状のキャンディ)をボウルに入れて、被験者に好きなだけ食べてもらった。

 

日によって、一つ一つの起きさが変わり、ある時は大きなキャンディが、別の日には小さなキャンディがボウルに山盛りになっていた。

 

そして研究者たちは、フィラデルフィアのソフトレッツェル(リボンの形をした焼き菓子)を使って同じ実験をした。

 

ただしこの時は、丸ごと一個で食べる日と半分に切って食べる日があった。

 

最後に、大きなボウルにМ&М(マーブル型のチョコ)を盛り、ある日はスープ用のスプーンを、別の日はその4倍の大きさのスプーンを添えた。

 

その結果、どのお菓子でも、被験者は大きいサイズで出された時の方が多く食べた。

 

逆に言えば、小さい言もので食べれば、食べる量は減るということです。

 

研究者はこの現象をユニット(単位)バイアスと名付けました。

 

人間は“1”というもので区切りをつけているのです。

 

1杯、1カップなど。

 

カロリーではなくユニット!

ですので、違う観点から言えば、カロリーでは計算していないのです。

 

例えば、アメリカで売られているハンバーガーが日本の2個分のカロリーに相当しても、2個食べることはあまりありません。

 

もちろん、物によりますが。

 

食べ物以外でも、このユニットバイアスは色んなものに影響しています。

 

例えば、映画なら90分であろうが3時間であろうが最後まで観るはずです。

 

また、僕が思うに電車の乗り換えなんてよくカウントしますが、距離を言う人はあまりいない気がします。

 

数えやすいからだと思います。

 

ちょっと一言

人間は1というもので区切りをつけて、どれだけ食べたかを判断していることがわかりました。

 

ですので、スプーンやお茶碗を少し小さいの(80%くらい)に変えてみては。

 

また、飲みに行っても、大ジョッキで頼むより瓶ビールでグラスに何杯も注げば、かなり飲んだ気になれますので節約にもなります。

 

自分なりにいろいろ試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ダイエット

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク