健康被害

タバコの増税に賛成しようが反対しようが、デメリットしかいような・・・

投稿日:2018年3月12日 更新日:


タバコ、増税、賛成、反対、デメリット

 

タバコって吸っていない人たちから見れば、迷惑以外の何物でもないです。

 

僕から言わせれば、病気になるリスクをただ高めて、さらに周りにも悪影響を与えるとんでもないものだと思っています。

 

そこで、税率を上げれば、買う人が減るからいいじゃんと言われますが、どうもそうはいってないみたいです。

 

そんなことより、タバコをみんながやめればいいのです。

 

タバコをやめる手っ取り早い方法をまずはご紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

タバコをやめる、やめさせるには!?

ハーバード大学のニコラス・クリスタキスとジェイムズ・ファウラーは、ネットワークの観点から禁煙についてのデータを分析し、2008年の『ニューイングランド・オブ・メディカル・メディスン』誌に掲載された。(1)

 

その結果は、会社の同僚がタバコをやめると、その人がタバコを吸う可能性は34%低くなっていた。友達の場合では、36%、そして配偶者の場合では、なんと59%も低くなっていた。

 

人間って風邪以外でも心理面でも感染するんですよね。

 

だから自分に近い人がやめれば結構効果はあるっていうことです。

 

自分から先手を切るのもいいですし、パートナーや同僚などと一緒にやめるというのもありです。

 

自分一人では難しいかもしれませんが、相手の目があると辞められる可能性は高まります。

 

後、どうしてもやめたい方は、瞑想がおすすめです。

 

タバコの増税をしようが意味はない!

研究者たちは、アメリカ人2万人の健康に関するデータを使った。

 

そのデータには、吸ったタバコの本数やニコチンとタールの含有量、一酸化窒素の濃度なども含まれていた。

 

また、タバコの税収は州により違うのでそれを使えば、税金が喫煙者の行動に与える影響が推定できた。

 

研究者たちは、税率が高くなればなるほど、タバコの消費量が減っていくのを発見した。

 

さらに、税率が高くなると、喫煙者たちはタールやニコチンの1本あたりの含有量が多い銘柄に乗り換えていることもわかった。

 

それと同時に、喫煙者たちのタバコ1本から摂取するニコチンの量が増えていた。

 

そういう行動はタバコの銘柄に関係なく見られた。

 

ようは、喫煙者たちはそれまでは途中まで吸って捨てていたものを根元まで吸ってしまうようになったということです。

 

そうすれば、タールやニコチンの量が増えてしまい、それ以外にも危険な科学物質もより摂取してしまい、それによりがんが肺の奥深くに進行する傾向があるのです。

 

ちょっと一言

タバコの税率を高くして、購入量は減りますが、根元まで吸うようになり、健康へのリスクが高まるということでした。

 

これって、明らかに医療費が膨らみますよね。

 

そういう意味で言えば、吸った人がどれだけの医療費を使うのか統計を取って、それなりの税率にあげた方が合理的だと思いますが・・・そもそもタバコなんて販売しなければいいのにと言うのが僕の率直な感想です。

 

タバコって、結果的に誰も得しないので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-健康被害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク