健康被害

マルチビタミン(ビタミン剤)は効果ないし、意味がないというより過剰摂取で副作用が大きい!

投稿日:2018年3月16日 更新日:


マルチビタミン、ビタミン剤、効果なし、意味がない、過剰摂取、副作用

 

今や、ビタミン剤などコンビニでも買える時代です。

 

ですが、その効果を果たして実感するのはなかなか難しいです。

 

答えを言えば、ちゃんと食事をすれば、そんなものは必要ないのです。

 

スポンサーリンク
 

 

ビタミン剤は効果がない!

野菜にあるビタミンと錠剤にされたビタミンは顕微鏡でのぞくと、まったく同じものです。

 

あらゆる果物や野菜には、がんや心臓疾患などの病気を防いでくれるという様々な研究がある一方で、合成ビタミンはそういう結果はあまりないようです。(1)(2)(3)

(僕が知らないだけかもしれませんが)

 

また、合成ビタミンには、大半の研究で健康効果がなく、大量に摂取すると、逆にがんになりやすくなるという研究もあります。

 

他にも、合成ビタミンEとセレンを大量に摂取した男性は、そうでない男性に比べて、前立腺がんを発症するリスクがやや高いという研究もあります。(4)

 

一方で、総合的なビタミンは全てのがんのリスクを低下させるという研究もあります。(5)

 

ですが、一般的に先進国は充分なビタミンを摂れる環境にあるので、逆に過剰摂取なんですよね、ビタミン剤は。

 

ビタミン剤がいらない理由!

 

『栄養ジャーナル』に掲載された研究では、アメリカ国民を対象にあらゆる飲食物(自然食品、栄養強化食品、ビタミン剤)からビタミンとミネラルのそう摂取量を調査した。(6)

 

そ結果、国民のほとんど(90%以上)が亜鉛、リン、鉄、銅、セレン、B1、B2、B3、B6、B12、葉酸を、また国民の半数がビタミンA、C、カルシウム、マグネシウムをじゅうぶんに、それぞれ、人口の66%、75%、62%、65%が一日当たりの推奨量を摂取していた。

 

反対に、不足が顕著だったのはカリウム、ビタミンD、E、Kだった。

 

そういうのは野菜などで少し多めに摂ればいいだけの話で、何かが極端に不足している時だけサプリを飲むのは全然ありです。

 

ところが、過剰摂取は腎臓に負担がかかり健康に悪影響が出るので、足りていれば飲む必要はありません。

 

ちょっと一言

ビタミン剤は、大した効果は得れず、逆に飲み過ぎで健康に悪影響を及ぼすことがわかりました。

 

ですので、普段の食事からしっかり栄養を摂っていれば、そんなものに頼る必要はないのです。

 

ただ、栄養状態の悪い国では、サプリが有効だったりますので不足している人たちには良いのでないかと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-健康被害

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク