健康被害

スマホやテレビの視聴時間が長いと太りやすくなる!?

投稿日:2021年10月25日 更新日:


 

今回はテレビの視聴時間とBMIの関係についてです。

 

平均的なアメリカ人はビックリするほどテレビを観ているようです。

 

だからといとって、テレビを見ているだけで太るなんて信じられませんよね。

 

ですが、どうも本当のようです。

 

スポンサーリンク
 

 

テレビを見るほど!

2016年のニールセンのレポートによれば、アメリカ成人は毎日、約5時間テレビの前にいて、これにテレビ以外のデバイスで見ている時間を加えれば、8時間半にもなるという。

 

そして、長時間テレビの前にいれば、確実に太る。

 

多くの研究から、テレビの視聴時間とBMIには直接的な関係があるようです。

 

オーストラリアで3500人を対象に調査したところ、1日2時間から4時間半テレビを観ている人たちの中で太っている人の割合は、視聴時間が1時間以下の人に比べて、倍になっていた。

 

4時間以上見ている人たちでは4倍になっていた。

 

テレビを観る時間が長くなるほど、その間に食べることが多くなり、やがて習慣化するのが理由みたいです。

 

また、10代について言うと、テレビ以外のデバイス、特にスマートフォンが問題になっているようです。

 

スマホはもっと危険!?

ジャーナル・オブ・ペディアトリックス誌に掲載された論文によれば、アメリカの若者の大多数は、1日平均3時間スマートフォンを使い、5人に1人は5時間以上費やしている。(1)

 

一方で、5時間以上テレビを観ている10代はわずか8%しかいなかった。

 

さらに、スマートフォンなどデバイスにに接する時間が長くなるほど、砂糖入りの飲料の消費が増え、体を動かすことが減り、睡眠に悪影響を及ぼし、肥満のリスクも高まる。

 

エンターテインメント番組はどんな内容でもほぼ食べすぎを招くが、食に関する番組は特に危ないようです。

 

おいそうな料理を作っているところや食べているところを見れば、おのずと自分も食べたくなりますし、食べている時の幸せを思い出してしまいます。

料理番組は太る原因!

さらに、アメリカの20歳から35歳の女性を調べたところ、テクニックやアイデアを求めて料理番組を見て、自分でつくるのが好きだという女性は、単に楽しみで見ている人に比べて、BMIの過体重に分類されることが多く、平均で5キロ重かった。(2)

 

つまり、テレビの料理番組で料理を学ぶのは、ダイエットの観点からはあまりよくないみたいですね。

 

ちょっと一言

ということで、どうであれテレビやスマホの長時間の使用はやめておいた方が良さそうですね。

 

特に、現代人はスマホをどうしても使い過ぎになってしまうので、肥満になるのはもちろん、運動不足により睡眠に悪影響をもたらすようで。

 

ですので、スマホはなるべく見ないようにして、積極的に運動などをしてみるといいのではないでしょうか。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-健康被害

執筆者: