病気、怪我、予防

インターネットやゲームを長くやるとうつになってしまうかという複数の研究!

投稿日:2019年12月3日 更新日:


 

うつは、現代病の1つだと思います。

 

その原因の1つがインターネットなどテクノロジーによるものが多いようです。

 

これからうつと、いくつか関連性がある研究を紹介します。

 

もし、自分がうつっぽいなと感じていたら、やめてみるのもいい方法かもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

うつ症状を引き起こすテクノロジー!

「思春期の若者の健康に関する長期的全米調査」では、抑うつ症と関連が高いものとして、メディアやテレビの長時間の利用を挙げ、テレビでの映画鑑賞、ゲーム、ラジオの利用によっては抑うつ症の増加は見られなかったとしている。(1)

 

また、ケース・ウェスタン・リザーブ大学のスコット・フランクは、4000人の高校生を対象に、ハイパー・ネットワーキング(学校がある日にSNSを3時間以上する)、およびハイパー・テクスティング(学校がある日にBメッセージを120件以上送受信する)がうつ症状に結びつくことを見いだした。(2)

 

台湾の大学生の学生生活に関する全国調査でも、オンラインゲームをやる頻度が高く、チャットや情報検索にかける時間が長い学生ほど、男女問わずうつ状態である率が高いことがわかった。(3)

 

オランダや各国の研究によって、メディア利用(インターネット、インスタントメッセージ、メール、チャット)と、思春期の若者の抑うつ症との間には相関がみられることが明らかになった。(4)(5)(6)(7)(8)(9)

 

さらに、子供と思春期の若者のゲーム使用年数が2年を超えると抑うつ症になりやすいという研究もある。(10)(11)

 

ですので、どれがうつ症状の原因かを特定することは難しいみたいですね。

 

ちょっと一言

とりあえず、うつと関連性がある研究を紹介しました。

 

「もしかして、自分はインスタのやりすぎかな」とか、「ゲームに時間を使いすぎているな」と感じながら、うつっぽい人はちょっとやめてみるのもいいかもしれません。

 

やめるのが難しい方は、食事が終わった後、30分だけやろうとか、自分なりのルールを作るのも良いやり方だと思います。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク