病気、怪我、予防

自閉症の子供の特徴とは?

投稿日:2018年10月24日 更新日:


自閉症、子供、特徴

 

「自閉症」ってよく聞きますが、一体どんな特徴があるのかわかりませんよね。

 

そう言っている僕も全然わかっていません。

 

ただ、そういう特徴を示す研究があったので、ブログに載せようと思いました。

 

ですが、これから紹介するのは1例にすぎませんし、自閉症児に全員当てはまるものではないというとは先に言っておきます。

 

スポンサーリンク
 

 

自閉症児の特徴!

ロンドン大学のバロン=コーエンは、「自閉症児は『行動主義』か?」という表題の論文を発表した。(1)

 

実験では、卵そっくりの意志を用意し、外見と実質が区別できるかどうかを調べた。

 

対象症は自閉症児17人、知的障碍児16人、臨床的に正常な子供19人で、全員が精神年齢4歳以上の言語能力を有していた。

 

見かけと実質は区別する能力は、自分の精神状態に気付いているかどうかの物差しになると研究者は考えた。

 

まず、子供たちに石を見せて、これは何かと質問した。

 

そして、全員が卵と答えた。

 

実際にそれを触らせると、子供たちは本当は石だということに気付いた。

 

卵そっくりの石を十分に吟味させてから、今度は2つの質問をした。

 

「これは何に見える?」と「これは本当は何かな?」

 

正解は、前者が卵(外見)、後者が石(実際)。

 

定型発達児(普通の子)とダウン症児は約80%が正解した。

 

ところが、自閉症児の正解率は約35%だった。

 

卵に見えるから、卵だと答える子どもが多かった。

 

この結果について研究者は、「実験で外見と実際の違いに気付かないのは、自閉症だけである。彼らは自分の心理状態にも気づいていないとも言える。知覚情報が自分の知識と矛盾する時、自閉症児は両者を切り離すことができない。対象物について他の表象があっても知覚情報がそれを凌駕するのだ」と書いている。

 

新しい情報が入ってきた時に、すでにある知識を活用しきれないということですね。

 

自閉症は予測をすることが難しいみたいなので。

 

ちょっと一言

自閉症児は、外見と実際のものを理解するのが難しいということがわかりました。

 

ということは、コミュニケーションをする時でも、難しい気がしますが、そういうことを少しでもわかっていれば、誤解されずに済むような気がしますが・・・。

 

実際に僕は会ったこともないのでなとも言えませんが。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク