病気、怪我、予防

現代の大学生は結構メンタルが病んでいるという悲しい現状を調べた研究!

投稿日:2020年1月16日 更新日:


 

みなさんは学生時代、どんな気分で過ごしていましたか。

 

大学に行ったことがない人は大学生って楽しそうでいいな、なんて思うかもしれません。

 

一方で、社会全体はうつ病の人が増えていますが、どうやら大学生も例外ではないようです。

 

スポンサーリンク
 

 

現代の学生はネガティブなことが多い!?

大学のカウンセリング・センターの所長を対象にした調査では、深刻な心の問題を抱える学生の増加がキャンパスで問題になっていると答えた人は95%で、直近の1年では、深刻な心の問題を抱えた学生の数が増えたと答えた人は70%で、24.5%の学生が向精神薬(患者の気分や行動に影響を与える脳内の化学物質に作用するくする。最も多く疲れるのは抗精神病薬、ADHD治療薬、抗不安薬、気分安定薬)を飲んでいるという報告があった。(1)

 

また、大学保健協会が153の大学に通う10万人の学生を対象に、健康に関する調査を行った。(2)

 

過去12カ月について尋ねた結果、

 

・84.3%が、課題が多すぎると感じている

・79.1%が、疲労を感じている(運動による疲労は除く)

・60.5%が、悲しくて仕方がない時がある

・57.0%が、とても孤独だと感じている

・51.3%が、不安で仕方がない

・46.5%が、絶望的な気持ちになることがある

・38.3%が、どうしようもなく怒りを感じることがある

・31.8%が、気持ちが落ち込んで何もできなくなることがある

・8.0%が、自殺しようと本気で考えたことがある

・6.5%が、故意に手首を切ったり体を傷つけたりしたことがある

 

調査対象となった153の大学には、50すべての州が含まれていて、小さなリベラルアーツ・カレッジから学術研究を続けている大きな大学、宗教系の学校やそうではない学校、規模の小さな大学から中規模、大規模な大学まで含まれている。

 

ちょっと一言

これは大学のレベルに関係ないと思います。

 

もちろん、これはアメリカの大学を対象にしたもので、日本にそのまま当てはまるかはわかりませんが、その可能性もなくはないと思います。

 

ただ、これらの数字が世界中に蔓延していると思うと、なんだか悲しいですよね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク