病気、怪我、予防

サイトカインとは?簡単にわかりやすく説明!~炎症の種類や役割、抑制について~

投稿日:2018年3月9日 更新日:


サイトカイン、簡単、わかりやすい、説明、炎症、種類、役割、抑制

 

最近、(健康などの)本を読んでいますと、やたらと「サイトカイン」という言葉が目につきます。

 

炎症という単語がついているからきっとよくないものに違いないと僕は勝手に思っていました。

 

ところが、よくよく読んでみると「炎症サイトカイン」って体にとって、チョー大事なものなんだとわかりました。

 

そして、これがなければ、死に至ることだってあり得ると思います。

 

スポンサーリンク
 

 

炎症サイトカインの種類と役割

サイトカインにはいくつもの種類がありますが、今回は代表的な2種類について解説しようと思います。

 

炎症を促進する炎症サイトカインと炎症を抑制する抗炎症サイトカインです。

 

炎症サイトカインは、けがや感染が起こった場所にやってきて、炎症を起こし、赤く腫れさせます。

 

そんな余計なことをするなと思うかもしれませんが、治癒には必要不可欠な現象で、通常は抗炎症サイトカインも同時に働き、回復へと向かっていきます。

 

ところが、このバランスが悪いと大変なことになってしまいます。

 

炎症サイトカインが増えすぎると!?

例えば、炎症サイトカインが多すぎると、余分に血流にのって全身に広がり、臓器や血液などにダメージを与えてしまいます。

 

一方で、抗炎症サイトカインが増えすぎると、今度は免疫系が抑制されてしまい、他の感染や病気にかかりやすくなるのです。

 

抗炎症サイトカインが増えすぎることはあまりありませんが、炎症サイトカインが増えすぎることはよくあります。

 

それは何だと思いますか。

 

主に慢性的なストレスです。

 

他にも、不摂生な食生活などが含まれます。

 

炎症サイトカインが出続けると、全身に回り心臓や血管、脳など様々な臓器に悪影響が出てきます。

 

炎症サイトカインの過剰放出は、がん、心臓病、動脈硬化、花粉症、関節リウマチや糖尿病、さらに虚弱体質や老化、アルツハイマー病の原因になります。

 

バーモント医科大学のラッセル・トレイシーは、「炎症因子はほとんどすべての病気の引き金になる」と説明。

 

サイトカインと迷走神経

ではどうしたら、炎症サイトカインを過剰につくられるのを防ぐことができるのでしょうか。

 

それはあらゆる臓器につながっている迷走神経が関わっているのです。

 

どういうことかと言いますと、迷走神経を鍛えてやれば、炎症サイトカインが増えすぎるということはなくなっていくのです。

 

そのプロセスは迷走神経の末端からアセチルコリンが放出され、一部の免疫細胞の受容体(外部からの刺激を受け取り、細胞を変質させる役割を持つ物質)に結合します。

 

これで免疫細胞のDNAに、「炎症サイトカインづくりを止めなさい」という指示が伝わります。

 

そうすることにより、敗血症(感染による全身の障害)を防いでくれるのです。

 

ということは、迷走神経を活性化させれば、病気になりにくい体になっていくということですね。

 

迷走神経を活性化させる方法

迷走神経を活性化させるには、瞑想、ヨガ、祈り、太極拳が有効とされています。

 

他にも、息を止めたり、せきをしたり、冷たい水で顔を洗ったり、お腹に力を入れるだけでも迷走神経は活性化されます。

 

また、人に親切にするだけでも効果が期待できます。

 

まとめると、何か一つのことに集中すれば、迷走神経を活性化されるのではないと思います。

 

ちょっと一言

炎症サイトカインは怪我や感染症には必要な物質でしたが、慢性的なストレスにより過剰に増え、あらゆる病気の引き金になるということがわかりました。

 

そして、ヨガや瞑想をやると、防げるということでした。

 

体調がすぐれない方は、もしかしたら炎症サイトカインが増えすぎているのかもしれませんので迷走神経を活性化してみては。

 

また、迷走神経は腸と脳をつなぎ、メンタルなどをコントロールしています。

 

詳しく知りたい方は、

 

迷走神経とは?~働きなどを簡単にわかりやすくまとめてみた~

腸と脳の関係とは?

 

を読んでみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-病気、怪我、予防

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク