病気、怪我、予防

糖尿病の原因と食事で予防(対策)!

投稿日:2018年3月17日 更新日:


糖尿病、原因、食事、予防、対策

 

糖尿病ってなったことがないのですが、今回は原因と種類などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク
 

 

糖尿病の原因

グルコース(血糖)は、細胞に取り込まれて体のエネルギーになります。

 

ところが、グルコース自体は自力で細胞の中に入ることはできません。

 

ですので、そこで、よく耳にするインスリンの登場です。

 

インスリンは食事をすると、すぐに膵臓から放出され、カギ穴に差し込まれるように細胞にくっつきます。

 

そして細胞にグルコースを送り始めるのです。

 

このようにして、インスリンは血液中のグルコース濃度(血糖値)を調整して、高すぎず、低すぎず、安定したレベルを維持しているのです。

 

また、そうではなくて血糖値が高い状態が長く続くと、糖尿病の原因になります。

 

糖尿病の種類

  • 妊娠糖尿病

発達中の胎児に栄養を分けるために、身体のエネルギー生産、消費が大幅に増加します。

 

厳密には分からないが、胎児に何らかの形で体のインするリン感受性(細胞のグルコースを取り込みを促進するインスリンの効果)に変化をもたらしているのではないかと考えられています。

 

栄養指導でプロバイオティクスを投与してもらうと、血糖値が減少します。

 

  • 1型糖尿病

インスリンを作る膵臓内で、特別な細胞(ランゲルハンス島ℬ細胞)を体の免疫系が攻撃してしまうので、細胞にグルコースを取り込めなくなってしまうのです。

 

また、遺伝的な要素もあるようです。

 

  • 2型糖尿病

体内細胞がインスリンの働きに抵抗性を持つため。そして肥満とも関連しています。

 

原因は、高カロリーな食事と運動不足によるものです。

 

これらが共通しているのは、血液中にグルコースを取り込めないので、血糖値が高いということです。

 

対策は、どの糖尿病でも腸内環境が見込まれます。

 

ただし、毎日プロバイオティクス入りのヨーグルトなどを良いかと言えば場合によります。

 

ですので、血糖値が高いなら、病院に行って、その上で腸内環境を整えたほうが良いのではないかと思います。

 

ちょっと一言

糖尿病はインスリンがうまく機能しないことで起こる病気だということがわかりました。

 

ですので、血糖値を急激に上げる食事や食べ方は控えましょう。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-病気、怪我、予防

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク