病気、怪我、予防

18時間断食すると、血糖値が改善し体内時計が整い老化も防げる!

投稿日:2021年9月27日 更新日:


 

今回は18時間断食についてです。

 

スポンサーリンク
 

 

18時間断食の効果!

2019年、ペニントン生物医学研究センターのエリック・ラブシンたちは、食事を制限すると、代謝の老化の指標、オートファジーにどんな影響があるのか調べた。(1)

 

その結果、食事の時間を午前8時から午後2までに制限された被験者は、制限時間が午前8時から午後8時までだった被験者に比べて、24時間の血糖値が改善し、体内時計が整い、老化とオートファジーに関連する遺伝子の発現も著しく改善していた(食事をとるのに最適な時間帯が五日を判断するのは悩ましい問題だが、独自の制限ダイエットは考えなくていい)。

 

ちなみに、食事の中でタンパク質をとることは重要ですが、摂りすぎてはいけません。

 

タンパク質のターンオーバー(新旧の入れ替え)が大事なのです。

 

カロリー制限は減量に有効なのですが、それが大きな健康効果を生み出すのはカロリー制限によってタンパク質の量が減るからです。

 

ということは、断食やカロリー制限に抵抗がある人は、とりあえずタンパク質の量をへらせば健康的に年齢を重ねられます。

 

この方法を「タンパク質循環」(プロテイン・サイクリング)といいます。

 

ちょっと一言

ただ、運動したりして筋肉をつけるにはそれなりにタンパク質が必要になってきます。

 

なので、筋トレをしている人は、バランスよく栄養を摂って、16時間くらいの断食をすると良いかなと思います。

 

これだけの断食をすると、アンチエイジングはもちろん、オートファジーが活性したり、病気の予防になったりという研究があるので、基本的に16時間断食をおススメします。

 

まぁ、頑張れる人は18時間でもいいですが。

 

で、16時間も食べないなんてきついと思うかもしれませんが、僕は夜の9時に夕食を食べ終わって、次の日の午後1時から食べるようにしています。

 

つまり朝食だけ抜けば、結構簡単にできます。

 

みなさんも自分のライフスタイルに合わせて、断食を取り入れてみてはどうでしょうか。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-病気、怪我、予防

執筆者: