病気、怪我、予防

インスリンが出過ぎると糖尿病になってしまう可能性が出てくるメカニズム!

投稿日:2021年11月10日 更新日:


 

今回はインスリンが出過ぎると色々体に支障をきたすよという話についてです。

 

スポンサーリンク
 

 

食べ物を食べると、インスリンは食べ物をエネルギーに変えろ、という信号を体に送ります。

 

血液からグルコース(糖)を取り出してグリコーゲンとして肝臓に蓄えさせたり、脂肪として体に蓄えさせたりします。

 

脂肪は体を保護したり、温めたり、食糧不足の時にエネルギーとして使ったりするために必要なので、インスリンは体脂肪をエネルギーとして使わないようにしています。

 

インスリンがたくさん分泌されると、体は食物エネルギーを冷蔵庫(グリコーゲン)と冷凍庫(体脂肪)の両方に蓄えます。

 

食べ物は様々な多量栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物)が含まれていて、食べ物を食べるとインスリンが分泌されます。

 

ところが、特定の食べ物は他の食べ物より多くのインスリンを促します。

 

例えば、白いパン、加糖された飲み物、ケーキ、クッキーなどの、精製された炭水化物(糖)がそうです。

 

砂糖や炭水化物を多く含んだ食べ物をたくさん食べると、インスリン値が急激に上昇します。

 

西洋の典型的な食事がそのいい例で、1日の中で6皿や7皿ほど炭水化物を多く含んだものを食べています。

 

膵臓が働き過ぎでインスリンを多く出し過ぎるようになると、問題が起きます。

 

まず、インスリン値が高くなると、食物エネルギーを蓄え続けろ、という信号が体に送られ、体脂肪を燃やすことができなくなります。

 

冷凍庫に物があふれんばかりにあるのに、冷蔵庫に食べ物をいれ続けているのと同じです。

 

また、インスリンを多く分泌しすぎていると、そのうち膵臓の細胞はそれ以上のインスリンを分泌できなくなってしまいます。

 

すると、血糖値が上がります。

 

血糖値が高いままになると、2型糖尿病になってしまうのです。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-病気、怪我、予防

執筆者: