病気、怪我、予防

筋肉痛を回復させるのにストレッチは効果がないが、ある食べ物で・・・

投稿日:2017年4月30日 更新日:


筋肉痛 、回復、ストレッチ、効果、筋トレ、食べ物

 

筋肉痛って、できれば一刻も早く治したいと思います。

 

僕もその痛みは何度も味わっているので気持ちはわかります。

 

そして、痛いからストレッチしたりするのですが、ストレッチして治ったことがありますか。

 

実は、筋肉痛から回復させるには、ストレッチは何の効果もないことが証明されてしまっているんです。

 

ところで、筋肉痛ってどうして起こるかご存知ですか。

 

まずは、そこから話を進めていくことにしましょう。

(知っている方は飛ばしてください)

 

スポンサーリンク
 

 

筋肉痛の原理

激しい運動をすると、燃えるような感覚(筋肉痛)が起こるのですが、これは筋肉に乳酸が蓄積するせいです。

 

激しい運動をした後、数日間は遅発性筋肉痛が起こり、これは筋肉の微細損傷によって生じる炎症だと考えられています。

 

そのため、激しい運動をした後の数日間は筋肉痛が続くのです。

 

筋肉痛を回復させるストレッチ神話

1960年代、筋肉がけいれんを起こすことが筋肉痛の原因だと考えられていたので使った筋肉を伸ばし、血流をを元に戻すのが一番の対処法だと考えられていたみたいで。

それが今でも、翌日、筋肉痛にならないように運動後はストレッチすることが一般化。

 

今現在、僕はストレッチをしていません。

 

筋肉痛でストレッチしようがしまいが

2009年の実験でオーストラリア人のボート選手に20人に激しい階段上りをさせたところ、運動後、15分間の静的なストレッチをするグループと何もしないグループに分け、1週間後に役割を入れ替え実験。

 

その3日後、2つのグループの筋力、筋肉痛、クレアチンキナーゼ(筋肉の損傷で上がる酵素)の血中濃度を調べたところ違いが全くなかった。

 

今度は、オーストラリアのフットボールの選手たちに試合後、休憩や15分のストレッチなどいくつかの方法で疲労を回復させ、それを隔週で12週間継続。

 

その後、筋肉痛の程度、垂直飛び、エアロバイクでのピーク時の負荷、そして柔軟性など実験項目などを比べたところ、各グループには何の相違も見られなかった。

 

このような研究は共通項目がある。コクラン共同計画(国際的に展開している治癒や予防に関する医療技術を評価するプロジェクト)が25の研究について、2008年の見解ではストレッチは運動後、半日から3日後に起こる筋肉痛にはほとんど効果がないと発表。

 

筋肉痛を回復させる食べ物とは!?

柑橘類に含まれるフラボノイドは、乳酸の蓄積を緩和するのに役立つ。(1)

 

さらに、炎症を処置にはフラボノイドの中でも、ベリー類に含まれるアントシアニンが有効。

 

アスリートたちを対象にした筋生検によって、ブルーベリを食べると、運動による炎症が有意に減少することがわかった。(2)

また、サクランボを使った実験では、この抗炎症効果によって回復が早くなった。

 

二頭筋カールのやりすぎによる、その後の4日間の筋力低下を22%から4%に減少させた。(3)

 

その他にも、チェリーによる実験でも、長距離ランナーの筋肉痛の緩和やマラソン選手の疲労回復に効果があることもわかった。(4)(5)

 

また、激しい運動をする前にスイカを2カップ食べると、筋肉痛が有意に減ったことがわかった。

 

とりあえず、ベリー系の食べ物で試してください。

 

筋肉痛が少しでも早く治ると思います。

 

僕が毎日食べているミックスベリーは、これです。

 

このミックスベリーは若干酸っぱいのでヨーグルトとオリゴ糖をかけています。

どちらも腸内環境を整えるにはすごく良いので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク