病気、怪我、予防

アイシングの疲労回復なんかの効果ってあんの?ないの?それとも逆効果なの?

投稿日:2019年7月21日 更新日:


 

 

たまに、僕はサッカーなんかを観ます。

 

その時に、選手が怪我をしたりして、(多分冷やすための)コールドスプレーをしている光景を見ます。

 

でも、あれって本当に効果があるかどうか疑問だと思いませんか。

 

まずは、アイシングの理論から見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
 

 

アイシングの理論的根拠!

まず、冷たさで交感神経線維が刺激されて血管が収縮して、患部を守るために心臓に向かって血液が送り返されます。

 

それにより、患部への血流が減少することで、炎症反応な代謝が遅くなり、晴れも抑えられます。

 

氷水の圧力も筋肉や血管を圧縮してはれや炎症を抑えます。

 

患部を麻痺させて一時的に痛みも和らげると考えられています。

 

ちなみに、治癒が痛みがあるものだと信じると、プラシーボ効果を発揮します。

 

これをアクティブ・プラシーボ効果と言います。

 

では実際に、アイシングは効果があるのでしょうか。

 

アイシングの効果ってあんの!?

中京大学の研究では、両手両脚を使って固定式自転車(エルゴメーター付き)とハンドグリップの運動をしてもらった後、片方の手と脚をアイスバスで冷やすといったトレーニングを4~6週間続けてもらったところ、冷やした手足の方がパフォーマンスの伸びが低いことがわかった。(1)

 

台湾の輔仁大学の研究では、腕の伸張の運動をした後で筋肉に15分間のコールドパックを当てた被験者たちの方が疲労度が高く、回復も遅れていることがわかった。(2)

 

さらに、オーストラリアのクイーンズランド大学の研究でも、筋力トレーニング後に筋肉を冷水に浸すと筋肉量の増加が少なくなり、骨格筋の重要なたんぱく質の活性化も鈍ることがわかった。(3)

 

アイシングってやらない方が良さそうですね。

 

ちょっと一言

アイシングは効果がありそうに思われていたかもしれませんが、疲労回復どころか疲労度なんかをためてしまうようでしたね。

 

ただ、運動で生じた腫れなどには効果があるかもしれませんが、治癒は促さないようです。

 

ですので、水風呂も30秒くらいなら皮膚の表面だけが冷えるだけなのでいいと思いますが、あまり長く入っていると色んな所にダメージが行くと思います。

 

基本的に、アイシングはしないほうが良いかと思います。

 

逆に温めるのは結構色んな効果があってサウナなどに入るのはよろしいのではないかと思います。

 

興味があれば、

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク