病気、怪我、予防

やっぱりフェイスブックってデメリットの方が大きいんじゃないという研究!

投稿日:2020年1月21日 更新日:


 

昨日は、フェイスブックにも良い面があるよという研究を紹介しました。

 

ですが、やっぱりやりすぎるとろくなことにならないようです。

 

スポンサーリンク
 

 

フェイスブックは孤独を感じやすくさせる!?

ピッツバーグ大学のブリアン・プリマックたちは、ランダムにサンプルを抽出し、19歳から32歳までの成人を対象にした。(1)

 

そして、被験者に対して一連の質問をして、被験者自身が認識する社会的孤独(PSI)(孤独指数)を計測した。

 

また、人気のあるソーシャルメディア・サービスを11種類選び、それぞれの利用頻度と利用時間も尋ねた。

 

回答を集計した結果、ソーシャルメディアを利用すればするほど、孤独指数は上昇する傾向にあることがわかった。

 

ソーシャルメディアの利用頻度と利用時間が多い方から4分の1までに属する被験者は、少ない方から4分の1に属する被験者に比べ、孤独指数は3倍も高かった。

 

年齢、性別、交際相手の有無、世帯収入、学歴などの要因を調整した後でも結果は変わらなかった。

 

研究者は、「ソーシャルメディアなのですから、社会的なつながりが強まると思うでしょう?」とコメント。(2)

 

けど、実際はつながるほど、孤独を感じやすいようですね。

 

フェイスブックは健康を悪化させる!?

カリフォルニア大学のハリー・シェイカたちは、5200人を超える全国代表サンプルに対し、パネル調査を行うと同時に、フェイスブックでの行動を調べた。(3)

 

その結果、フェイスブックの利用と、自己申告による身体の健康レベル、心の健康レベル、人生の満足レベル(その他、生活の質に関す多くの指標)との関連を調査した。

 

その結果、全体として、フェイスブックの利用と幸福度との間には負の相関関係があった。

 

例えば、”いいね”やリンクのクリックの回数が1標準偏差増えると、心の健康レベルは1標準偏差の5~8%低下する。

 

ちなみに、関連する人工動態変数を考慮に入れた場合でも、同じ結果だった。

 

ちょっと一言

やっぱりフェイスブックってやらないことに越したことはないですね、

 

孤独感や体の腸が悪い方は、とりあえずフェイスブックなどのあらゆるソーシャルメディアを断ってみては。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク