病気、怪我、予防

統合失調症ってそもそもどんな人で、特徴的な症状って何なの!?

投稿日:2020年3月24日 更新日:


 

今回は統合失調症についてです。

 

とは言っても、僕も統合失調症のことは全然わかっていませんでした。

 

ですが、心理学的には統合失調症の人の中にはすごい才能を発揮する人たちもいます。

 

では、一般的に統合失調症の特徴ってあまり知られていないと思うので、今回はそれをテーマに見ていこうと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

統合失調症とは?

統合失調症の人たちは、仕事や人付き合いが困難で、家族や支援機関に頼ることが多いそうです。(1)

 

一般的な症状は、妄想、幻覚、支離滅裂な言動、引きこもり。

 

不安神経症などとは異なり、その症状は通常の健常者に現れません。

 

ただし、この障害に関連するパーソナリティ障害には、衰弱の度合いが軽く、仕事も継続でき、ほぼ正常な日常生活が遅れる人もいるそうです。

 

もっとも一般的な統合失調症は、統合失調症質パーソナリティ障害と統合失調症型パーソナリティ障害の2つに分けられます。

 

前者は感情に乏しく冷淡で、極度の引きこもりだと定義され、後者は話し方や考え方が奇異で、魔術的な思考を持ち、幻覚を見る人を指します。

 

統合失調症質パーソナリティ障害の症状

・ほぼ常に、1人で行動している。

・人と会うことにほとんど興味がない。

・喜びを感じる活動がほとんどない。

・親や兄弟以外にしたしい友人や信頼できる人がいない。

・感情に乏しく、冷淡で孤立している。

 

統合失調症型パーソナリティ障害の症状

・奇異な信念や魔術的思考(テレパシーが使える、迷信的である、透視能力があるなど)が影響し、社会の規範に合った行動ができない。

・存在しな人が見えるなど、非現実的な知覚体験をする。

・管型や話し方が奇異。

・疑り深く妄想じみた考えを持つ。

・行動や外見が奇異で風変り。

・親や兄弟以外に親しい友人や信頼できる人がいない。

・社会に対する過剰な不安が継続し、自己否定的なものではなく、妄想的な恐怖を抱いている。

・他人の賞賛や批判に無関心。

 

ちょっと一言

どうでしたか。

 

「統合失調症」という言葉は知っていても、その中身については意外に知らないことがたくさんあったと思います。

 

確か、アインシュタインなんかも軽度の統合失調症だったと思います。

 

だから、人が思いつかないような理論を考え付けたのかもしれません。

 

そう考えると、統合失調症の人はそういう才能を持っていても、発揮させてくれる環境や人材が必要なのかもと思います。

 

そうすれば、世紀を変える大発見をする人が出てきたするかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-病気、怪我、予防

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク