病気、怪我、予防

ファスティングをすると気分は良くなるのか、それとも悪くなるのか!?

投稿日:2021年10月31日 更新日:


 

今回はファスティングによる気分についてです。

 

ファスティングをしていない方は、ファスティングをするとイライラしたり気分が悪くなると思っているかもしれません。

 

でも、実際は違います。

 

どうやら、ファスティングには気分を安定させる効果があるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

ファスティングをした時の気分!

フロンティアーズ・ニュートリション誌によれば、2016年平均年齢25歳の女性52人を対象にし、18時間のファスティングの効果を調べた研究があった。(1)

 

この研究では、気分、苛立ち、達成感、意欲、プライド、コントロール感にに変化があるかどうか調べられた。

 

18時間後の調査によれば、女性のファスティングを始める前に比べると怒りっぽかったが、全体的みると意欲、達成感、プライドがとても高まっていた。

 

初めてファスティングする人は不安を感じることがあります。

 

これはファスティングしている時にノルアドレナリンというホルモンが分泌されるからです。

 

ノルアドレナリンが分泌されると血圧や心拍数が上がり、神経が活性化されます。

 

こうした作用が不安となって表れるのだと考えられています。

 

たいてい、こうした作用が2週間以上続くことはなく、ノルアドレナリンの増加に体も慣れてきます。

 

ですので、それまでの期間だったり初めてファスティングをする時には、感情の浮き沈みがあったり、イライラすることがあります。

 

長いファスティングの時に感情の浮き沈みがあるのは、お腹から大量の脂肪がなくなっていくからです。

 

脂肪細胞が多すぎるとエストロゲンが過剰に産生されますが、その脂肪細胞ががなくなっていくと、たまっていたエストロゲンが放出されます。

 

すると、短時間にエストロゲンの量が多くなり、感情に影響が出ることがあります。

 

ちょっと一言

僕も毎日、16時間断食は行っていますが、気分が悪い方向には行きません。

 

この研究のように、意欲は前よりずいぶん高まったと思います。

 

そのおかげで、その分達成感も得られているかなと思います

 

個人的にはプライドについてはわかりません。

 

ですが、前に比べて集中力や意欲は格段に上がったと思います。

 

それはやること全てが楽しみになっている体と自分では思います。

 

だから、ファスティングはやっておいて個人的に損はないかと思います。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-病気、怪我、予防

執筆者: