栄養

主要栄養素!~たんぱく質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラルの 役割~

投稿日:


 

今回から4日にわたり主要栄養素についてです。

 

まずは全般的に主要栄養素ってどういものなのかを説明していこうと思います。

 

で、水は例外として、どんな食品にもカロリーが含まれています。

 

これは良いことです。

 

なぜなら、人間の体はエネルギーがなければ動けなくなりますし、食品から得られるもう一つのの重要なものである栄養を利用することができないからです。

 

食品のエネルギーを生み出すのは、それに含まれている栄養素です。

 

これらは「主要栄養素」と呼ばれ、それぞれ化学的に異なる化合物なのです。

 

これらの栄養素の燃料、つまりタンパク質、脂肪、炭水化物はは摂取されると小さな分子に分解され、細胞内で分解されます。

 

ですが、主要栄養素が提供するのは、エネルギーだけではありません。

 

スポンサーリンク
 

 

タンパク質(体内のあらゆるものの原料[窒素]を含む)

タンパク質と、その構成要素であるアミノ酸は、分子中に[窒素]を含んでいます。

 

窒素はホルモンや酵素、それに情報を貯蓄・保存する分子であるDNAとRNAをはじめ、体内のあらゆる重要なものを作る物質なのです。

 

 

脂肪(全ての細胞を包む[膜]を作る)

 

脂肪と炭水化物は、一般にカロリーの代名詞になっていますがそれよりずっと多くのものを含んでいる栄養素です。

 

脂肪は人を寒さから守り、ビタミンを貯蔵し、肌を潤し、眼球や関節を衝撃から保護します。

 

脂肪の構成要素である脂肪酸は、体内のすべての細胞を包んでいる膜をつくります。

 

また「ステロール」と呼ばれる特別な種類の脂肪は、生命を支える複雑な化学的機構を連携させるメッセンジャーとして働きます。

 

人間は脂肪なしでは生きていけないのです。

 

炭水化物(エネルギーにもDNAにもなる)

炭水化物は、糖、デンプン、食物繊維に分類されます。

 

たんぱく質、脂質と同様に、ほとんどの炭水化物はより小さい構成単位でできています。

 

炭水化物の最も小さい構成単位は単糖で、グルコース(ブドウ糖)やフルクトース(果糖)などがこれに含まれます。ん

 

炭水化物の栄養的特徴は、どの種類も単糖でできていますが、それがどのように結合しているかによって決まります。

 

例えば地中上に最も多く存在する炭水化物である植物性繊維「セルロース」は、グルコースがとても緊密に結合していて、人間には消化・分解することはできません。

 

グルコースは身体を支える主要な炭水化物ですので、特に重要です。

 

グルコースはエネルギーを共通する以外にも、たんぱく質に含まれる窒素と結びついてDNAとRNAを構築します。

 

人間の身体は、タンパク質と資質を分解することによってグルコースを生成することもできますので、厳密に言えば炭水化物を全く摂取しなくてもグルコースは得られます。

 

だからといって、炭水化物を全く摂らなくていいということではありません。

 

ビタミン・ミネラルは電流になる

主要栄養素のほかに体にはビタミンとミネラルが必要ですが、三大栄養素に比べれば必要量は微量なため「微量栄養素」と呼ばれています。

 

ビタミンとミネラルは、ここでは書ききれないほどたくさんの目的に利用されています。

 

ですが覚えてほしいのは、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、塩素、カルシウムが電流を発生させ、文字通り人間の体を動かしています。

 

つまり、心臓を鼓動させ、神経細胞を電気的刺激によって発火させるということです。

 

食品はもちろん、食品の複雑な混合物である食事も、多くの栄養素の複雑な混合物なのです。

 

栄養を理解するためには、単一の栄養素ではなく、こうした混合物内の栄養素のバランスという観点に立って考えることが欠かせません。

 

ちょっと一言

明日からはタンパク質、炭水化物、脂質を細かく見ていこうと思います。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-栄養

執筆者:



【Yoske】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク