睡眠

仮眠の効果を得るための時間の目安とは?~問題解決能力や創造性を高めるために~

投稿日:


仮眠、効果、時間、目安

 

仮眠をとるのは大事と言われて久しいですが、「30分くらいが限度と言われたり、90分くらいならいいんじゃないの」みたいな研究もあり、何が何だかというところだと思います。

 

実は、用途によって変わってくるらしいです。

 

今回は創造力などを上げるためにどれくらい仮眠をとればいいのかという研究を紹介します。

 

スポンサーリンク
 

 

仮眠の効果と時間!

カリフォルニア大学の睡眠研究者マシュー・ウォーカーたちは、睡眠によりアナグラムの問題をより素早く解けるかを実験した。(1)

 

アナグラムっていうのは、単語の文字を並び替えて別の言葉に換える言葉遊びです。

 

例えば、dormitory(寮)という言葉の文字を入れ替えて、dirty roomといったようなことです。

 

研究者たち16人の被験者を対象に、アナグラム形式のワードパズルを使って、レム睡眠とノンレム睡眠の直後の思考の柔軟さを比較した。

 

その結果、レム睡眠の直後に起きた被験者たちは、ノンレム睡眠の直後に起きた被験者たちより、アナグラム問題の正答率が32%高かった。

 

ところが、睡眠時間が長くなるにつれ、ノンレム睡眠の後の問題解決能力は高くなっていった。

 

ようは、短時間ならレム睡眠直後、長時間ならノンレム睡眠後に起きればいいのです。

 

時間としては、20~30分か、90~100分後くらいに起きるといいのですが、レム睡眠が始まる前に起きると、あまり創造性が発揮されない可能性がありますのでご注意してください。

 

上記の時間はあくまで目安なので一概には言えません。

 

ちなみに、仮眠は無意識を活性化させてくれ、思考をユニークな方法で組み立て直してくれますので、少しでも寝れば効果が出る可能性があります。(2)

 

うたた寝だけでも効果あり!?

ブラジルのパラナ連邦大学フェリペ・ベイハミニが行った調査では、被験者たちに難しいテレビゲームの問題を解いてもらった。(3)

 

被験者たちを2つのグループに分け、

 

第一グループ・・・90分間の仮眠をとった

 

第二グループ・・・ずっと起きていた

 

その結果、仮眠をとったグループは、ずっと起きていたグループの問題正解率が2倍にもなった。

 

そして、研究者たちが脳波のパターンを調べたところ、熟睡せず、うたたねをするだけでも、脳内の情報を組み立て直し、その情報を抽象化して問題を解くには十分であることがわかった。

 

「寝なくては」という風に思わなくていいということですね。

 

類推能力も!

カリフォルニア大学サンディエゴ校の精神医学者サラ・メドニックは、単語位の類推テストを使って、仮眠をとった後の被験者の問題解決能力を調べた。(4)

 

例えば、「ポテトチップス:しょっぱい、アメ:○○」という問題なら、答えは「甘い」になります。

 

その結果、ノンレム睡眠をとった人たちや全く睡眠をとらなかった人たちに比べ、90分間のレム睡眠の仮眠をとった人たちの成績は40%も高かった。

 

ようは、すごいスピードで類推を行ったのです。

 

仮眠の効果の最低時間!

フリンダース大学の研究者たちは、16人の成人の若者を対象に、4つのグループに分けた。(5)

 

仮眠なし、30秒の仮眠、90秒の仮眠、10分の仮眠の4つ。

 

仮眠の時間は実際に脳波で睡眠が確認されてから計測した結果、注意力や認知機能が大きく改善したのは10分間の仮眠をとった場合のみだった。

 

サンプル数が少ないんで、何とも言えないところですが、仮眠の効果は最低10分くらいだと思っていればいいのではないでしょうか。

 

ちょっと一言

用途や自分の使える時間も考えて仮眠をとってください。

 

まぁ、とらないよりはとった方がましですが。

 

それ以外の睡眠について知りたい方は、下記を参考にしてください。

 

・学習能力を高める方法!~それは昼寝をすること~

・眠気覚ましのツボや方法はないが、授業や仕事の前に仮眠や昼寝で大幅に改善される!

・記憶力アップをさせる方法とは?~睡眠は記憶を定着させ、強化してくれる!~

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-睡眠

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク