高齢者が音楽を習うと気分がよくなったり、脳の実行機能などが改善される!

投稿日:2020年7月17日 更新日:


 

最近の高齢者は元気な方が多いように感じます。

 

僕が子供の頃は高齢者と言えば、白髪で杖をついて腰が曲がっていて・・・(完全に思い込みですが)

 

僕はジムに通っているのですが、ダンスをしたりと結構アクティブに運動している高齢者はいます。

 

だからといって、運動をしなければ元気に毎日楽しく過ごせないのかと言えばそんなことはありません。

 

実は音楽を習うことで認知機能や生活の満足感が高まるようなのです。

 

スポンサーリンク
 

 

ピアノを練習するだけで!?

バイロイト大学のソフィア・セインフェルドたちは、高齢者における音楽トレーニングの特定の効果について調べた。(1)

 

調べる内容は、高齢者の認知機能、気分、生活の質(QOL)。

 

それらに対するピアノトレーニングの影響を評価した。

 

参加者たち13人はピアノのレッスンを受け、4か月間毎日トレーニングを行った。

 

また、別の参加者たちに他の種類のレジャー活動(身体運動、コンピューターレッスン、絵画レッスンなど)をしてもらった。

 

2つのグループでは、ピアノプログラムの始まる前と終わった後(4か月後)に、神経心理学テスト、気分、QOLアンケートを含む評価が行われた。

 

その結果、実行機能、抑制制御、注意の分散を測定するStroopテストで、ピアノのトレーニンググループに大きく改善がしていた。

 

さらに、視覚スキャンと運動能力の向上を示す傾向もあった。

 

そして、この研究では、ピアノを弾く練習をすることでうつ病を減らし、ポジティブな気分になり、高齢者の心理と身体の両方のQOLを改善していた。

 

ちょっと一言

下手に脳トレやわけのわからないサプリを飲むよりよっぽどいいと思いませんか。

 

この研究では、ピアのでしたが、ギターとかでもいいのかなと思います。

 

僕の考察ですが、両手を使って少し複雑な指の動かし方をすることで認知機能が高まり、「できた」という達成感が気分をポジティブにしてくれるのだと思います。

 

まぁ、音楽が嫌でも、少し難しいことに挑戦してみると同じような効果が得られるかもしれません。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク