誘惑に負けやすく太りやすい人の脳の特徴!

投稿日:


 

今回は太りやすい人の脳の特徴についてです。

 

フードポルノという言葉があります。

 

それは、美味しそうな料理の写真をネット上に公開することです。

 

ですが、それは言葉の上の話だけではなないのです。

 

実際に食欲と性欲にはつながりがあるのです。

 

高カロリーで豪華な食事の画像も、裸の画像も、脳の中の同じ場所を刺激します。

 

とくに大脳辺縁系にに近い前脳の奥にある側坐核をを活性化させます。

 

報酬や快楽につながる神経伝達物質のドーパミンの中枢となる部分です。

 

人が食べ物とセックスを求めるようにできているのは、進化の基本で、逆にどちらも関心を持たれなかったら人間は存在しません。

 

今回は人が食べ物を見て側坐核がどれくらい活性化するかによって、その人が将来太るかどうかを予測できるようです。

 

スポンサーリンク
 

 

太りやすい人の脳の特徴!

ダートマス大学の研究者たちは、入学したばかりの女子学生を集めて体重を測り、320枚の写真を見せて、見ている間の側坐核をfMRI(機能的磁気共鳴画像法)で観察するという実験を行った。(1)

 

写真のうち。80枚は、シロップが滴るパンケーキやチーズをたっぷりのせたピザなど、美味しそうな高カロリーの食べ物で、残りの240枚は無関係な写真だった。

 

6か月後、再び被験者たちを集めて体重を測定したところ、パンケーキやピザに反応していた人たちに、「フレッシュマン15」(大学に入学して15ポンド(約7キロ)太ること)に陥った人が多かった。

 

つまり、パンやピザを見て側坐核が激しく反応した人は、ピザも風景写真も同じように反応し多よりも、誘惑に負けやすく、太りやすかったのです。

 

重要なのは、食べ物を見てみんなが同じように反応するわけではないということです。

 

食べ物を見て特に報酬を感じる人だけが、それを見て行動を移し、その結果が体重に反映されるのです。(2)

 

ちょっと一言

ただ、自分の脳がどうなっているかわかるわけがないとは思いますが、「自分は誘惑に弱いんだな」と思う人はいると思います。

 

そういう人は、まずは誘惑がある場所に近づかないようにしたりするのが良いかと思います。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-

執筆者: