脳がデカくなる練習方法!~タクシー運転手vsバス運転手~

投稿日:2019年4月30日 更新日:


 

「脳を鍛えよう」なんてよく言われます。

 

ですが、脳の何を鍛えているのかよくわからんということがありますよね。

 

今回紹介する研究は、何でもいいので、目的意識を持って練習すれば脳の海馬が大きくなるよというものです。

 

「大きくなったら、どうなるんだ」って思われると思います。

 

それは・・・

 

スポンサーリンク
 

 

目的意識のある練習は海馬を肥大化させる!

ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンの研究者たちは、ロンドン郊外の19人のタクシー運転手を集め、彼らの脳をスキャンし、長年のタクシー運転の経験が運転手の脳に明確な変化を起こしているかどうか調べた。(1)

 

そして、一連の検査を受け、考え方、価値観、個人的な経歴に関するアンケートに答えてもらった。

 

研究者たちがタクシー運転手の脳をМRIでスキャンすると、海馬の後部が肥大化している傾向があることがわかった。

 

その領域は空間認知や最適な運行ルートの理解にとって重要な役割を果たす脳の部位。

 

例えば、何かを目印にして帰り道を判断する時に活性化します。

 

でも、生まれつきっていう可能性もありますよね。

 

そういう人が運転する職業を選びやすいのかもしれませんし、運転を続けている内に脳の構造が変化したのかもしれません。

 

そこで・・・

 

研究者たちは、タクシー運転手の脳を、ロンドンで走っているバスト運転手と比較した。

 

その他の変数に対して調整して行った結果、バスの運転手には海馬の肥大化は見られなかった。

 

理由は、バスの場合、同じルートしか通っていなかったからです。

 

それに対して、タクシー運転手は毎回違う道を通り、それによって一種の「目的意識を持った練習」を絶えずしているので海馬が肥大化するのです。

 

そして、お客さんから目的地を言われ、最適なルートを判断しなければならないのです。

 

そ結果によっては、お客さんから肯定的なフィードック、または否定的なフィードバックが返ってくるのです。

 

こういう意識的な練習によってタクシー運転手の脳の構造が変化していったと考えられています。

 

さらに、勤続年数が異なるタクシー運転手の脳を調べた結果、タクシー運転の年数によって海馬の大きさに違いがあることがわかった。

 

つまり、道路を走った経験が豊富な運転手ほど、海馬が大きかった。

 

どんな人でも脳は成長する!

サイコロジー・トゥデイに掲載された研究では、ミュージシャン、バイリンガル、ジャグラー脳にさえ、練習や学習に伴って、脳の変化が起きていた。(2)

 

実際、短期間の訓練だけでも、脳の構造に変化をもたらすことがわかっています。

 

アラバマ大学の研究によれば、短期間の語彙の練習だけでも、脳の構造に影響を及ぼしていた。(3)

 

ワシントン大学の研究では、高齢者たちに60分間のコンピュータの訓練を10回行っただけでも、脳の機能に10年後も残るほど大きな影響を与えていた。(4)

 

脳が変わるのは脳の可塑性のおかげ!?

こういう脳の生理機能が状況や経験に対して適応するという現象は、「脳の可塑性」と呼ばれています。

 

ワシントン大学の脳の可塑性の第一人者であるジョイス・シェイファーは、「神経発生」がその根底にあると考えているようです。

 

神経発生とは、新しい脳細胞が絶えずつくられる現象のことで、1日1400個以上の脳細胞が新たに作れるようです。(5)

 

そして、新しい細胞が作られると、8週間かけて成熟します。

 

その間、脳細胞は脳の最も活発な領域へと移動するのです。

 

ロンドンで走っているタクシー運転手の場合、この新しい脳細胞は、道案内の能力を司る領域に加勢します。

 

その結果、脳は学習中のスキルに適応し始めます。

 

研究者は、「その脳細胞の仕事選びに影響を及ぼすことができるわけです」とコメント。

 

一方で、新しい経験をして曽於脳細胞に刺激を与えないと、死滅してしまう恐れがあります。

 

つまり、脳は学習を通じて脳細胞を維持するのです。

 

その新たな脳細胞は活性化されている脳の部分と接続するのです。

 

さらに、研究者は「脳の化学的性質、構造、性能を改善することは可能です。私たちはその点を全く持って過小評価しているんですよ」とコメント。

 

ようは、どんな人でも新しいことを学ぶことができ、それを習得することが可能だっていうことです。

 

ちょっと一言

脳に刺激を与えたいなら、新しいことをどんどん学んでみてはどうでしょうか。

 

誰にでも、脳の可塑性があります。

 

ということはいくつになっても、脳は成長できるということです。

 

僕も最近、ゴルフを体験したのですが、やる前はそんなにうまく飛ばない、そもそもボールに当たらないんじゃないの?って思っていましたがやってみると、意外にトンで自分でもびっくりしました。

 

ちょっと、脳の可塑性を当てにして、続けてみようかな~。

 

ちなみに、毎日2回人生に役立つ言葉をツイッターでつぶやいています。
良かったらチェックしてみてください。
https://twitter.com/7pryQDbmp1FMQdF/status/1290640919264288768?s=20
スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク