判断力のある人とは?~状況判断力を鍛える、養うことは必要ない!~

投稿日:2018年4月29日 更新日:


判断力、人、状況判断力、鍛える、養う、必要

 

仕事でも遊び、ゲームでも判断力を求められます。

 

中には、判断力を鍛えるためにトレーニングしている人もいると思います。

 

いずれにしても、判断力を高めたいと思ってこの記事を読んでいるはずです。

 

では、ここで質問です。

 

良い判断をする時に必要なのは次のうちどれでしょうか。

 

1、集中している時

2、ボーっとしている時

 

こういうのは直感で答えた方が当たります。

 

スポンサーリンク
 

 

判断力は鍛える必要がない!?

カリフォルニア大学サンダバーバラ校で行われた研究では、難しい問題は集中しないほうが記憶しやすいことをあきらかにした。(1)

 

まず、被験者たちに絶えず、変化する万華鏡のような幾何学模様を1分間見せた。

 

それから休憩を挟み、被験者たちは一連の模様を提示され、先ほど見た模様はどれかと尋ねられた。

 

ただし、この実験では、記憶に関する実験とは異なり、興味深いひねりがあった。

 

被験者たちは、それぞれの模様を見たとどれくらいの自信を持って言えるかということについても訊かれた。

 

つまり、詳細に覚えていたか、何となく見たという漠然とした感じだけ、よく考えずに思い付きで答えたというように答えてもらった。

 

その結果、被験者たちがただの思い付きで答えた時が一番正解率が高かった。

 

普通に考えれば、集中していて、はっきり覚えている方が正確に記憶しやすそうですが、実は意識の処理速度は遅いのです。

 

対照的に、無意識の脳の働きは高速で目まぐるしく変化する模様に余裕でついてこられるのです。

 

ただし、この脳の領域が出力データを意識的な脳に伝えることができるのは、感情のみです。

 

つまり、認識や直感という感覚を刺激するということだけです。

 

ゲームでたとえると、わかりやすいです。

 

特に、アクションゲームなどスピードが求められるゲームは、無意識の高速反射によって進んでいけるのです。

 

アクションゲームでは、ジャンプをしたりというのが定番の動きですが、意識に任せると、「ここでジャンプをすべきか」と意識的に考えていたら、あっという間にゲームオーバーになってしまいます。

 

意識して集中する脳の部位を背外側前頭前皮質と言います。

 

これは、たくさんの情報から1つだけ情報を選び、それに注意を向けさせます。

 

ですので、全体を覚えることはなかなかできません。

 

ですが、逆に言えば,背外側前頭前皮質を不活発にすることで、この実験での正解率を上げられたということが言えます。

 

ということは難しいことを分析するには、意識を除外して、無意識の回路を働かせればいいということになりますね。

 

判断力は無意識にお任せ!

被験者たちに害を与えず、頭蓋骨を通して非行に強力な電磁パルスを当てると、パルスの当たった部分の脳回路の活動が抑えられる。

 

この方法をTMS(経頭蓋磁気刺激法)という。

 

研究者はこのTMSを使い、背外側前頭前皮質の活動を抑えながら、目まぐるしく変わる模様を被験者に見せた。

 

もちろん、被験者は集中できないので、無意識に頼らなくてはならなかった。

 

この研究の主催者、タラズ・リーは、「被験者は、背外側前頭前皮質の活動を低下させたときの方が、より模様を覚えていました」と、実験結果について話した。

 

例えば、ゴルフで、後1打の簡単なパットで勝利ができると思うと、落ち着けず、あっけなくミスをしてしまうことってありませんか。

 

研究者は、「考えたいけないんです、考えてもしょうがない。脳のこの部分を活性化させると、足を引っ張られます」と説明。

 

ですので、プロゴルファーの人たちは、そこに全神経を集中させてはいない、ある程度、無意識に任せているのですね。

 

ちょっと一言

難しい判断や目まぐるしく変わるものを覚える時は、集中するより、無意識に任せた方がうまくいくということがわかりました

 

確かにスポーツなどは、判断力が求められますが、そこでいちいち考えてはいませんよね。

 

ですので難しい課題に迫られたり、すぐに判断を出さないといけない時は、無意識や直感に頼ってみてはどうでしょうか。

 

多分、思っている以上の答えが出てくるはずです。

 

なんといっても、無意識は高速回転しますので。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク