細胞

免疫機能を担う細胞の種類と免疫細胞をリサイクルする方法!

投稿日:


 

今回は免疫細胞についてです。

 

スポンサーリンク
 

 

免疫細胞の種類!

他の生体防御システムと同じように、免疫系もまた複数のプレーヤーで構成されていて、」それぞれが人の体を守るために特殊な役割を担っています。

 

免疫系の細胞は白血球(leukocyte)と呼ばれる(「白」を意味するギリシャ語lenkoに由来)。

 

白血球には好中球(neutrophils)、リンパ球(lymphocytes)、単球(monocytes)、好酸球(eosinophils)、好塩基球(basophils)という5種類の細胞があり、それぞれ異なる仕事を持っています。

 

ここでは血液中に数の覆い順番に並べています。

 

リンパ球というのは実際、数種類の免疫細胞の集まりです。

 

リンパ球には、T細胞、B細胞、ナチュラルキラー細胞(Nk)細胞の3に大きく分かれ、T細胞はさらに、ヘルパーT細胞、、キラーT細胞、制御性T細胞という3つのサブタイプに分けられます。

 

免疫細胞にはこれ以外にも、マイクロファージ、肥満細胞、樹状細胞があります。

 

以上の細胞が免疫機能の役割を担って、人の健康を守っているのです。

 

これらすべての細胞が、造血管細胞という骨髄の幹細胞に由来します。

 

血液中の白血球だけでなく骨髄の細胞も損傷する科学治療によって、免疫機能が下がるのはそのためです。

 

反対に、食事によって、骨髄で作られる免疫細胞の数が増加することがわかっています。

 

断食でリサイクルモードに!

南カリフォルニア大学の研究者たちは、断続的に断食をすることで、免疫系が新たに構築されることを示した。(1)(2)

 

さらに、2日から4日続けて断食すると、人間の体はリサイクルモードに突入し、古くなった免疫細胞が取り除かれることがわかった。

 

その後、食事を再開すると、骨髄の造血管細胞が急始動して新たな免疫細胞をつくり、免疫系を再構築した。

 

ちょっと一言

以上が免疫についてでした。

 

断食は体に良いのはもう科学では当たり前ですが、やりすぎると体にダメージが来ます。

 

ですので、いつもおススメしている16時間断食(リーンゲインズ)をやってみるといいのではないでしょうか。

 

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-細胞

執筆者: