DNA

DNAへのエピジェネティックな影響!

投稿日:


 

DNAへのエピジェネティックな変化について、特に食事に関与する影響については、現在研究が盛んにおこなわれています。

 

健康的なライフスタイルのほとんどが有益なエピジェネティックな変化を生み出します。

 

実際、そうしたライフスタイルが人の体を健康にするのは、遺伝子を介したこのメカニズムが働いているからだということがわかってきました。

 

例えば、運動はエピジェネティックな変化を引き起こして遺伝子を活性化死、筋肉をつくったり、心肺機能を高めたり、筋肉量の増加に必要な心血管を形成したり、血中の脂肪を減らしたりするのに役立つタンパク質の合成を促します。(1)

 

スポンサーリンク
 

 

運動はまた、有害な遺伝子を抑制するというエピジェネティックな変化を生み出します。

 

こうした効果は、スプリント、水泳、インターバルトレーニング、高強度運動の後で観察されています。(2)

 

ラットを用いた実験では、運動が脳のDNAを活性化することも判明しています。

 

ヒストンのアセチル化によってDNAが解放され、脳の健康を維持するためのタンパク質がより多くつくられるのです。(3)

 

DNAに対する運動の影響は、運動をしている本人の健康を守るだけにとどまりません。

 

男性の場合、運動は精子にも影響を与え、その結果、子孫に良い影響が与えられます。

 

運動をすると!?

コペンハーゲン大学の研究者たちは、資格のあるインストラクターの指導の下で毎日1時間、週5回、6週間にわたってスピンクラス(サイクリングマシーンを使ったエクササイズ)を受けた場合の効果を調べる臨床試験を行った。(4)

 

研究者たちが調べたのは、20代前半の健康な男性参加者の精子に対するエクササイズの影響。

 

スピンクラス受講期間の前、6週間の受講期間終了後、受講期間が修了してから3か月後に、研究者たちは、男性たちの精液を採取して、精子を分析した。

 

その結果、スピンクラスはゲノム上の特定のホットスポットに持続的なエピジェネティックな変化をもたらすことがわかった。

 

それは、いまだ受胎していない胎児の脳機能と神経系の発達に関わる領域です。

 

この結果から、男性の運動習慣は、受胎のはるか前からすでに、嫌いの子供の脳の健康に有益な影響を及ぼす可能性があることが示唆されたのです。

 

良質な睡眠、あるいは徹夜もまた、DNAにエピジェネティックな変化をもたらします。

 

前者は良い変化でありますが、後者は悪い変化です。

 

徹夜をすると!?

アイスランド大学とスウェーデンのウプサラ大学の研究者たちは、20代の健康な男性参加者16人を対象に実験を行った。(5)

 

まず参加者に、夜に8時間の睡眠(良質な睡眠)をとってもらった。

 

その翌日の夜には、今度は一晩中一睡もしないで(徹夜)してもらった。

 

そして、就寝前、8時間寝た後の朝食前、そして徹夜の朝食前に血液を採取して調べた。

 

その結果、8時間の睡眠の後には、脂肪を代謝して肥満を予防する遺伝子が活性化したのに対して、徹夜をするとそうした遺伝子の働きが抑制されることがわかった。

 

睡眠不足だと、子供の肥満になるリスクが45%も高まることも判明しています。(6)

 

睡眠のエピジェネティックな効果は広範囲に及び、一晩徹夜しただけで、269個もの遺伝子がエピジェネティックな影響を受け、それらの遺伝子に基づいたタンパク質の合成が妨げられてしまうのです。

 

その中には、がんを抑制する遺伝子も含まれています。

 

がんを抑える遺伝子が不活性化されると、がんの発症リスクが高まるため、重大な問題を引き起こす可能性が高まってしまうのです。(7)(8)

 

一方で、瞑想は有益なエピジェネティックな変化をもたらし、その結果、炎症に関わる遺伝子の活性が抑えられることが明らかになっています。(9)

 

反対に、ストレスは炎症に関わる遺伝子をエピジェネティックな変化を介して活性化します。(10)

 

深刻なトラウマ(心的外傷)を経験し、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を抱える人では、有害なエピジェネティックな変化が起きていることが判明しています。(11)

 

環境危険因子は様々な疾患の患者に見られるエピジェネティックな変化に関与しています。

 

それらの疾患とは、がん、自閉症、うつ病、統合失調症、アルツハイマー病、自己免疫疾患、糖尿病、炎症性腸疾患、肥満などです。

 

どんなものであれ、有害なエピジェネティック効果をもたらすにはできるだけさらされないようにすることが肝要です。

 

それと同時に、食事介入によって好ましい引き出せばエピジェネティックな変化を、健康をもたらす遺伝子が活性化する可能性もあります。

 

ちょっと一言

とりあえず、健康的な生活、睡眠や運動、瞑想などを取り入れてみると健康になれたり、病気が防げるようですね。

 

  • SmaSurf Quick Search
ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-DNA

執筆者: