自分をコントロールするために

科学的根拠に基づいた心理学などを紹介するサイトです。その知識を使って、多くの人に自分の人生を豊かにしてほしいというのがコンセプトです。内容は主に、体やメンタルの健康など、それ以外にも多岐にわたり、使えそうな知識を紹介しているサイトです。

遺伝子

蛇が怖い理由は本能?~蛇嫌いは遺伝子に刻まれているので克服はしなくていい!~

投稿日:2018年4月30日 更新日:


蛇、怖い、理由、本能、蛇嫌い、遺伝子、克服

 

よく、テレビで蛇で脅すという場面があります。

 

ですが、なぜ蛇だと驚かせるのかを考えたことがありますか。

 

もちろん、怖いからです。

 

というか、ほぼ全員が怖いはずなのです。

 

なぜなら、生命の危機に直面しないためです。

 

では、それは遺伝子のおかげなのか、そうではないのかということが今回のテーマです。

 

スポンサーリンク

 

蛇が怖い理由は?

カリフォルニア大学の人類学者、リン・イズベルは、「霊長類は生まれつき蛇に対する恐怖感が備わっている。現在の哺乳類と蛇は6000万から1億年前という同時期に進化をしてきたが、そのことが人類を含む霊長類が蛇を恐れる進化的圧力として、作用してきた」と考えている。(1)

 

毒蛇に噛まれれば、生存率はほぼゼロなので経験を通じて学ぶのではなく、生まれつき蛇を怖がるように遺伝子に残してきたみたいです。

 

それはそうかもしれませんよね。

 

だって、一々経験を通じてしか、恐怖を学習できないとすれば、人類は滅んでいたということもあり得るわけですから。

 

研究者のチームは、視覚系ニューロンの電気的活動を記録すことを専門とする神経学者と一緒に、微小電極をつけたアカゲザルに蛇と他のものの画像を見せて脳の動きを調べた。

 

その結果、蛇の画像を見せた時は脳の視覚野のニューロンが強く反応していた

 

それに対して、別の画像を見せた時には弱い反応しか見せなかった。

 

また、他のサルの顔や手、単純な図形などの別の形を認識するニューロンより、蛇に反応するニューロンの方が多かった。

 

研究に参加した神経科学者の西条寿夫は、「この実験結果が示しているのは、脳に蛇を見分ける特別なニューロン回路が存在し、そのニューロン回路は遺伝的にコード化されているということです」と述べている。(2)

 

ちなみに実験に使われたサルたちは、研究のために隔離された群れの中で交配されて育ったため、本物の蛇を見たことがなかったのです。

 

研究者のイズベルは、「つまり、蛇に対する恐怖の感度は、進化の過程で獲得したという以外に説明しようがないのです」と。

 

ですが、

 

蛇が怖いのは遺伝子に組み込まれているわけじゃない!?

ノースウェスタン大学のスーザン・ミネカの研究によれば、実験室で育てられたサルは、蛇の形を見分ける特別な遺伝子を持っていても、蛇を恐れることはないということがわかった。(3)

 

さらに、そういうサルたちは蛇に対する恐怖を他の情報よりも、ずっとよく学習できることを発見した。

 

ということは生まれつき、または遺伝子に刻まれていないということですね。

 

ですが、それが恐怖だと感知できるシステムがあるということは間違いないと思います。

 

続いて人間を対象に研究が行われた。(4)

 

一つ目の実験では7か月の乳児たちに並行して2本の動画を見させた。

 

片方は蛇の映像で、もう片方は象の映像だった。

 

乳児たちはどちらの映像に怖がることはなかった。

 

ということは、あらかじめ遺伝子で受け継がれてきたという話では説明がつかなくなりますよね。

 

二つ目の実験では、3歳児を対象に9種類の画像を見せてから、指示に従ってどれか一つの画像を見せた。

 

毛虫やカエルなど蛇に似た動物や花といった複数の画像のうち、3歳児たちが素早く見分けることができたのは蛇の画像だった。

 

蛇を怖がる子もいたし、そうではない子もいたが、どちらも同じように、蛇の画像は他の画像より素早く見分けることができた。

 

研究に協力したベネッサ・ロブエは、「一つは蛇を素早く見分けられること、もう一つは蛇をすぐに恐れるようになることだ」という。(5)

 

つまり、もともと遺伝子で蛇に対する恐怖心が刻まれているのではなく、危険に対する恐怖を素早く身につけることができる遺伝子の性質により、特定のものに恐怖へと変換されるのです。

 

もっと言えば、蛇に出くわす環境でなければ、蛇を怖がることはありませんし、環境によって、恐怖の感じ方は違うのです。

 

ですので、環境によって、その恐怖がサソリだったり、毒を持っている生き物だりするのかもしれません。

 

どこでどういう風なメカニズムになっているのか知りませんが、3歳くらいに怖いという遺伝子のスイッチが入るのかもしれません。

 

いずれにせよ、直接ではないですが、間接的にその役割を遺伝子が担っていると思います。

 

ちょっと一言

霊長類が蛇に対する恐怖感を持っているのは、生まれつきではなく、3歳くらいで蛇をすぐに見分け、恐ろしいと感じることがわかりました。

 

ということは、僕自身が蛇が嫌いというのは当たり前のことなのですね。

 

というか、霊長類、全てに共通していますので、決して臆病ではないと思います。

 

じゃなかったら、蛇による死亡率が高くなると思いませんか。

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク

-遺伝子

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク