ホルモン

満腹と空腹を感じる理由!

投稿日:


 

今回は満腹と空腹を感じる理由についてです。

 

空腹を感じない時はどんな時でしょうか。

 

それはいくつかのホルモンの働きによって、満腹だと感じた時です。

 

満腹ホルモンと呼ばれる、とても強力なホルモンがあります。

 

また、胃には伸展受容器というものがあります。

 

容量を超えて胃が伸びると、満腹だという信号が脳に送られ、食べるのをやめるのです。

 

そして、目の前に食べ物があるといって、何も考えずに食べることはありません。

 

例えば、500gのステーキが出たとしましょう。

 

多すぎて食べきれないと思ったのに、とてもおいしかったので、結局全部食べてしまったとします。

 

もう満腹です。

 

そんなときは、さらにステーキを食べることを考えただけで胸やけを起こしますよね。

 

もう1枚ステーキを出されて「無料ですからどうぞ」と言われても、他Cべられるわけがありません。

 

満腹ホルモンが分泌されると、人は食べるのをやめます。

 

このホルモンが働きはじめると、それ以上に何か食べるというのは難しくなります。

 

1kgのステーキを食べられたら、食事代は無料、というサービスをするレストランがあるのはそれが理由です。

 

満腹ホルモンには、主にタンパク質に反応するペプチドYY、主に食事中に含まれる脂質に反応するコレシストキニンなどがあります。

 

一方、空腹に関係するものとしてはグレリンというホルモンがあり、これは”食欲増進ホルモン”と呼ばれています。

 

ほとんどの人がお腹が空いている状態なのは、減量するには摂取カロリーより消費カロリーよりも少なくするしかないと、と信じ込まされてきました。

 

これまで西洋諸国では政府が高炭水化物の食事を推奨してきたが、素の食事こそ空腹を招くのです。

 

例えば、ジャムを塗った白い食パン2切れという炭水化物中心をにした低カロリーの食事をしたとします。

 

この朝食でどれだけ満腹になるでしょうか。

 

確かにカロリーは低いかもしれませんが、子の食事でどれだけ空腹をコントロールできるでしょうか。

 

この食事には満腹ホルモンのペプチドYYを活性化させるタンパク質が含まれていません。

 

同じく満腹ホルモンのコレシストキニンを分泌させる脂質も含まれていません。

 

胃の伸展受容器を活性化させる量もありません。

 

一方、この食事に含まれるデンプン(グルコースがつながってでき者で、主に血液中に入る)は、インスリンの分泌を増やす働きがあります。

 

空腹を感じるのは、空腹ではないという信号が送られないからです。

 

すると、10時半ごろに、低脂質のマフィンを見つけ出しては、まだお昼前だというのに、ガッツリ食べてしまうことになるのです。

 

お昼になると、低脂質のパスタをお皿いっぱいに食べてしまいます。

 

これでは、1日3回しっかり食べるのではなく、少しずつ6回も7回も食べるペースです。

 

2時半になると、またお腹が空いてしまって低脂質のグラノーラバーを食べ、夕食にはご飯を食べ、その後夜食に冷蔵庫をあさったりするのです。

 

なぜなら、お腹が空いて仕方ないからです。

 

ですが、朝食に卵と肉を食べれば(脂質とタンパク質を多く含んだ食)、10時半ごろに何か食べたいと思わなくて済みます。

 

ほとんどの人は加工された炭水化物や精製された炭水化物を食ので、それがさらに問題を大きくしています。

 

精製された炭水化物をたべると、血糖値が急激に上がり、膵臓にインスリンを分泌しろという信号が送られます。

 

インスリンは、食物エネルギーを糖(肝臓内のグリコーゲン)か体脂肪のかたちで蓄えさせるホルモンです。

 

インスリンが多量に急激に分泌されると、体内に入ってきた食物エネルギー(カロリー)のほとんどは、すぐに体内に蓄えられるようなかたち(体脂肪)に変えられます。

 

すると、代謝に回る食物エネルギーは少なくなります。

 

筋肉、肝臓は、エネルギーとして使うグルコースをもっと必要としているので、さっき食べたばかりというのに、またお腹がすくのです。

 

今の体重を維持したいと思っている人にとっても、体重を減らしたいと思っている人にとっても、これは最悪など身の効果です。

 

また、このような加工された食べ物は、食物繊維のほとんど、あるいは全てとりのぞかれているので、お腹が膨れずに、胃の伸展受容器も活性化されなません。

 

おやつの時間になるころには、それまで摂った食物エネルギーのほとんどは脂肪細胞に取り込まれてしまっているので、またお腹がすくというわけです。

 

ちなみに、ユーチューブもやっています。
良かったらチェックしてみてください。
https://www.youtube.com/channel/UC56yqcM1OG39QIp8-pvHRCQ

-ホルモン

執筆者: