神経

心拍数が低い人のメリットとは?~安静時の心拍数が50台だと・・・~

投稿日:


心拍数、低い、人、メリット、安静時、心拍数、50台

 

みなさんは自分の心拍数を普段から測っていますか。

 

中には、低い人もいれば、高い人もいます。

 

今回は、それによって性格的な特性が変わってきてしまうという研究を紹介します。

 

この記事を読んで、自分の心拍数を測ってみてください。

 

もしかしたら、自分の性格がわかるかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

 

心拍数が低いと!?

バージニア工科大学の研究で、心拍数が低い人ほど恐怖心が弱く、目新しいことや冒険を求める傾向が強いことがわかった。(1)

 

心拍数に影響する他の要因を補正したとしても、特に男性は強い相関性が認められた。

 

心拍数が毎分66以下の人は恐怖に耐える力が強く、よりスリルを求める傾向があった。(2)

 

そのような人はは飽きっぽく、決まり切った仕事を嫌がり、複雑で困難なことを好む。

 

逆に心拍数が毎分95以上の人はルーチンワークを好み、危険を嫌った。

 

そして、心拍数の低さは攻撃性と犯罪率の高さとも相関があり、特に男性は女性の2倍の影響を受けることがわかった。

 

その理由の一つに、男性の攻撃は直接的なものであり、女性は間接的なものだから。(1)

 

心拍数の低い人がなぜ、スリルなどを求めるかは興奮を求めているからではないかと考えられています。

 

また、そういう人は危険な目に遭っても、恐怖心を感じにくいのかもしれません。

 

いずれにしても、心拍数と恐怖心の関係が意味するのは、人がどれほど危険や冒険、スリル、新しいものを求めるか、神経系、つまり、心臓、交感神経・副交感神経によって決まってきます。

 

ちなみにアスリートや軍人には、そういう人が珍しくないようです。

 

ちょっと一言

心拍数が低い人はスリルや新しいことを好み、決まったことをするのが嫌いだということがわかりました。

 

僕もそういう節があるかもしれません。

 

心拍数がだいたい毎分60台なので。

 

だからといって、無謀なことはしようとしませんが。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-神経

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク