神経

太っている人は嗅覚が優れているし、においもリアルに想像しやすい!だが・・・?

投稿日:2020年2月24日 更新日:


 

今回は太っている人の能力について紹介します。

 

それはにおいを嗅ぐ力です。

 

どうやら、肥満の人はにおいに敏感らしいのです。

 

僕自身、今より10キロくらい太っていたころがありますが、ビールをよく飲みたいなと思った時にはビールのにおいを想像していたことを覚えています。

 

だから、すぐに飲みたいと思ってしまったのかも(笑)

 

スポンサーリンク
 

 

太った人の嗅覚は鋭い!?

ポーツマス大学のロレンツォ・スタッフォードたちは、普通体重と肥満体重の学生たちを集め、ダークチョコレートの香りを嗅いでもらうという実験を行った。(1)

 

チョコレートは香りが極めて強いものから極めて弱いものまで用意した。

 

その結果、肥満体重の学生はかなり弱い香りのチョコレートのにおいまで認識することができた。

 

しかも、普通体重の学生よりもそのにおいをこ好ましくも感じていた。

 

太った人はクッキーのにおいを想像しやすい!?

イェール大学のダナ・スモールたちは、BMI値が高い人の方が焼きたてのクッキーのにおいをよりリアルに想像することができるが、虹を想像するという能力においてはBMIに関係ないことを示した。(2)

 

食べることが明確に想像つきやすいから余計に食欲がわくのでしょうかね。

 

ですが、その一方で、太った人は普通体重の人と比べて、甘味や塩味を探知する力が弱いのです。(3)

 

だから、愛を感じたいがために余計に甘いものや塩辛いものを食べてしまうのです。

 

ちょっと一言

肥満の人ってダイエットしようと思っても結構辛い状況に置かれているんだということがわかりました。

 

においに敏感なので食欲はわきますが、食べると味が感じづらく、そのにおいとのギャップを埋めるために余計に食べてしまい、結果的にまた太ってしまうという悪循環。

 

これが解決策になるかどうかはわかりませんが、ダイエットしたいならにおいをあまり嗅いだり想像しなければいいのかもしれません。

 

それによって、味とのギャップができにくくなるので。

 

また、一切食べないでにおいだけで楽しむだけとかでもありだと思います。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-神経

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク