お酒

まずいIPAビール【コエドビールの毬花Marihana(缶)】を飲んでみてわかったこと!

投稿日:


 

IPAビールが大好きな僕ですが、初めてまずいIPAを飲みました。

 

それは、コエドビールの毬花です。

 

コエドビールって結構有名で前から気になっていて、飲むのを楽しみにしていたのに残念です。

 

もちろん、コエドビールが全てまずいかと言えば、そうとは限りません(まだほかの種類は飲んでいないので)。

 

スポンサーリンク
 

 

で、何がまずいのかと言うと、単純にシトラスの香りが強すぎて、麦やホップの香りなど全部消し去って、アロマを飲んでいるようでした。

 

人によってはシャンプーとかかもしれませんが。

 

ただ、IPAって書いてあるだけで何も美味しくないというか、もう二度と飲みたくないです。

 

でも、一方で、自分の嫌いなものが明確にわかってよかったということもあります。

 

IPAと書いてあっても、原料に「シトラス」と書いてあったら、もう買わなくて済みますので。

 

もちろん、この香りのビールが好きだっていう人の意見を否定するつもりは全くありません。

 

ただ、僕は好きではないっていうだけなので。

 

後、やっぱりまとめ買いは安いのですが、1本ずつ買って品定めした方がリスクは軽減できるので1本買っただけでよかったと思いました。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-お酒

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク