ブログ

人生を前向きにする言葉♯12

投稿日:


 

1日1時間36分立って仕事をするだけで46%も生産性が向上する。さらに24週間スタンディングデスクでタスクをこなすと時間をマネジメントしやすく、重要なことをとを記憶したり本の内容を理解したり考えた内容を短くまとめる能力が高まる。短時間に多くの情報を覚えやすくメンタルも強くなる。

 

 

マルチタスクは絶対にやめた方が良い。理由は同時進行するほど生産性低下してしまうからだ。一方でシングルタスクになると集中力が高くなり、注意力をコントロールできるようになる。また不安は症の人の方が集中力が高い。これを終わらせれば全てがうまくいくと思うくらい集中すると不安は消えていく。

 

 

朝はまず簡単なタスクから始めよう。難しいタスクをする前に単純作業をこなすことで弾みがつく。その理由は人間は進んでいるという感覚がモチベーションを高めてくれるからだ。だから朝一番にこなしやすいタスクを終わらせるようにしよう。それは勉強や仕事だけではなく読書など趣味でも何でもいい。

 

 

スポンサーリンク
 

 

「自分は成功できずに失敗ばかりしている」と嘆いているかもしれない。そんな時に思い出してほしいのは「エジソンは数多くの失敗をした」という逸話だ。エジソンの限らず成功を手にする人は尋常じゃないほど失敗している。つまり失敗の数だけ成功に近づけることが言える。失敗をカウントしてみよう。

 

 

自分にとって大きな利益が期待できるものだけを増やそう。例えばどの程度1週間にTシャツを着るかを計測し無駄な物は捨てよう。何でもテストして少しずつ変えて判断する。大きな問題は小さな改善で解決できる。物を減らしていくとミスが減り本当に大事なものが見えてきてそれに集中できるようになる。

 

 

正解は一つではない。何かを達成するなら色んな方法を試す以外に方法はない。何かやるならまず3つやってみる。3つというのは1つがダメになっても2つが残っていると安心できるからだ。余裕があると次の方法も考えられる。誰も見つけられなかった正解を探すゲームだと考えれば失敗も怖くないはずだ。

 

 

常に問題解決をできるようにしよう。まずは寝る前に自分の悩みなどを具体的に10分くらい紙に書き出す。寝ている間は脳が1日の記憶を整理してくれる。朝起きた時には頭がすっきりしているので今まで気が付かなかった答えが出てくることもある。困った時にやるより習慣化した方が悩みも小さくて済む。

 

 

新しいアイデアや答えを簡単に出す方法がある。それは新しい問いを考えることだ。アインシュタインは『なぜという問いはその答えの100倍重要である』という名言を残した。ところがほとんどの人は答えの方にばかりに目を向けるので発想ができなくなってしまう。だから常にどんなことにも疑問を持とう。

 

 

簡単にレジリエンスを鍛えられる。レジリエンスとは折れそうになる心が元に戻ろうとする力のこと。つまりメンタルを強化できる。カールスルー工科大学の研究によれば週に2回1日30~60分ウォーキングしたところレジリエンスが高まりストレスが軽減し学生の成績が上がったという。まず30分歩いてみよう。

 

 

困っている時ほど成長のチャンスはない。人間は困らなければ自分から物事を変えようとはしない。だからそういう人はいつになっても成長しない。逆に困難を経験する人ほど成長していく。なぜなら困難に対処するために色々考えたり少しずつ自分を変えていくからだ。逆境は成長のチャンスだと捉えよう。

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ブログ

執筆者: