ブログ

人生を前向きにする言葉♯7

投稿日:


 

自分の1日を最適化していく方法がある。それは「今日良かったこと」と「今日失敗したいこと」をその日の終わりに1つでもいいから書き出す。すると日ごとに少しずつあなたの1日は確実に良い方向に向かっていく。良いことはもっと良くしようと考え、失敗したことは対策を考えるように習慣化しよう。

 

 

スタンフォード大学の研究によれば、自分が出した情報に対してしっかり検討され、実際に相手に影響を与えたと実感できたと思わせれば好ましく思われるので、こちらの交渉内容を63%も受け入れてくれることがわかったという。つまり、自分の意見に耳を傾けられたと思うと合意しやすくなるということだ。

 

どんな時でも諦めないことが人生を良い方向に導いてくれる。もちろん不運が重なって自分ではどうにもできなくなることもある。どんな最悪なことがあっても自分の人生まで諦める必要はない。逆境に立ち向かえる知識は過去の賢人たちや現代の新進気鋭の科学者たちが教えている。まずそれを身に付けよう。

 

スポンサーリンク
 

 

人に言ったらバカにされるくらい大きな夢をかなえる人は、大衆に全く迎合しないし、常に完璧を目指して努力をし続ける。常に自分の爪をといでいる人は自分に自信があるからチャンスをつかみやすい。つまり誰にでも成功するチャンスはどこにでもあるのだ。後は一歩ずつ踏み出すかが将来の分岐点になる。

 

 

時間がないわけではない。それまで有効に使ってきたのだから時間が無くなって当然だ。例えば料理も食べればなくなる。それはこれから生きていくための栄養になるのだ。今日の時間が無くなってもそれは今後のことになると思える時間の使い方なら決して無駄ではない。無駄にだと思えば対策を立てよう。

 

 

創造性を簡単に上げる方法は紅茶を飲むことだ。北京大学の実験でお茶と紅茶をそれぞれのグループに分け創造性テストを行ってもらったところ、紅茶のグループの方にかなり有利に働いたという。理由については定かではないが、クリエイティブなことを思いつきたければ紅茶を試しに飲んでみると良い。

 

 

終わり方が一番重要だといっても過言ではない。勉強でも何でも嫌なことがたくさんあるが、最後にポジティブな体験をしておけば、辛い記憶はあまり残らない。これをピークエンドの法則という。つまり「終わり良ければ、総て良し」ということだ。最初にタスクにとりかかる前に終わり方を決めておこう。

 

 

何となく嫌われないするために相手の目を見て話そう。ノックス大学のマックアンドリューたちの研究によれば、被験者の84%が不気味さは顔に出ると答え、80%が重要なのは目だと答えたという。人は相手が何を考えているのかを目に頼ろうとする。さらに目を見れば知性や自信も感じさせことができる。

 

 

ビジネスや交渉でもうまくできる人は必ず相手のニーズを知ろうとする。だからいきなり自分の言いたいことだけを言ってははいけない。まずは相手の要求を知ることだ。それが感情的なのか合理的なことなのかをイメージしたりする。要求が理解できればそれにマッチして自分の商品などの説明をすると良い。

 

 

失敗は誰にとっても嫌なものだ。しかし失敗しない人は同時に成長もできないことを意味する。うまくいかなければ成長材料だと考え、今の自分より一回りも二回りも大きくなれるためのバネにしよう。すると失敗がするのが楽しくなっていく。最初は登山のように厳しいが気づけば誰より高い所にいるだろう。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-ブログ

執筆者: