コーヒー

酸味が際立っているコーヒー銘柄、エチオピア産【アンドロメダ・ウラガ】を飲んでみた!

投稿日:


 

一般的なコーヒーは酸味と苦みが対立軸にあります。

 

普通に考えれば、おかしな話です。

 

コーヒーは、もともと実です。

 

ですので、酸味や甘味があっても、ほとんど苦みはありません。

 

なぜそうなってしまうのでしょうかね。

 

多分、焙煎の仕方のせいだと思います。

 

焦げれば苦くて酸味はわからなくなってしまい、焦がさなければちゃんと酸味がわかるのです(だと思います)。

 

で、今回飲んだのは、エチオピアのアンドロメダ・ウラガというコーヒーです。

 

スポンサーリンク
 

 

最初に飲んだ時は、コーヒーの独特の苦みが少しあったにもかかわらず、ここまで酸味が立っていて、だけどまろやかというコーヒーは珍しいなと思いました。

 

酸味とは、もちろんフルーティーなという意味です。

 

そして、冷めていくと、次第に苦みが消えていくような気がしました。

 

酸味のせいかどうかわかりませんが、キレはだいぶあり、かなり飲みやすいです。

 

ただ、他のコーヒーと比べると、余韻は弱めですが、酸味と一緒に甘い香りが口の中に広がります。

 

興味のある方は、珈琲豆専門店ぜにさわに行ってみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-コーヒー

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク