雑談

座りっぱなしが腰痛の原因かもしれないので、対策として立ちっぱなしにすることにした!

投稿日:2018年9月15日 更新日:


座りっぱなし、腰痛、原因、対策

 

毎日、ブログを書くために、座りっぱなしの日々です。

 

ですが、座りっぱなしのせいで腰痛になったのかなと思って、あえて立ちっぱなしにして腰痛対策をしようと試みました。

 

それに、整形外科の先生からも座っている状態は骨盤に一番負担がかかるから座り続けているのは良くないよと言われました。

 

座りっぱなしから抜け出すには、スタンディングデスクが良いと思ったのですが、わざわざ見に行く時間、それにお金もないので段ボールで代用しました。

 

これが意外に快適です。

 

スポンサーリンク
 

 

モニターには本を積めた段ボールに乗せて、キーボードとマウスはそれぞれ別の段ボールを使っています。

 

お金も手間もかからないですし、軽いし、丈夫だというところがメリットです。

 

自家製のスタンディングデスクですが、段ボールで最初うまくいくのかと半信半疑だったのですが、ものは試しよですね。

 

しかも、座っている時より立っている時の方が集中力や判断力、意思決定能力が上がるのでほぼ得なことばかりです。

 

なぜ、そういうものが高まるかと言えば、立っている時の方が血流がスムーズだからです。

 

若干、1日経ってい増してっ筋肉痛かなと思うくらいですけど、なれればなんてことなくなると思います。

 

それと僕の場合、夏の時期はお尻にかなり汗をかいていたので、それも解消されてかなり心地いいです。

 

スタンディングデスクを買おうかどうしようか迷っている方は、とりあえず僕みたいに段ボールで代用して、3カ月くらい続いたら、買うかどうするかを決めればいいと思います。

 

家具って結構決めるの難しいですし、買ったっきり使わなくなってしまうと無駄になってしまうので、自分なりにスタンディングデスクを作って、使ってみてからでもいいと思います。

 

スタンディングデスクって、立って何かをする机です。

 

つまり、自分にとって立っていた方がメリットがありそうだと思うなら、スタンディングデスクを選んでみるのもいいと思います。

 

今の僕は、どうでもいいからっこのしつこい腰の痛みをとるために、段ボールで作ったスタンディングデスクで作業しているわけです。

 

もちろん、何か書くときも、本読むときもこのなんちゃってスタンディングデスクを使用するつもりです。

 

まだ、効果はわかりませんが、椅子から立った時の激痛はありません。

 

なぜなら、座っていませんので(笑)

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-雑談

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク