雑談

スイミングスクール(大人の初心者)の体験会をやってみたぞ!

投稿日:2018年10月6日 更新日:


スイミングスクール、大人、初心者、体験会

 

通っているジムでスイミングスクールの無料体験会をやっていたので早速申し込みました。

 

ですが・・・

 

スポンサーリンク
 

 

行ったはいいものの、受講生は僕一人。

 

事実上、マンツーマンのレッスンでした。

 

正直、恐怖もありました。

 

というのも、何人か来るだろうと思っていたので、当然順番で泳ぐのだろうと想像していて、その間休憩ができると思っていたからです。

 

つまり、一人だと休憩がないということです。

 

最初は、水中でウォーキング。

 

大股で歩かされるのはちょっときついかったですが。

 

その次は、潜って水中から出ての息継ぎの練習。

 

これが地味にきつかったです、吐いたり吸ったりで呼吸ってこんなに大変なんだと思いました。

 

ちょっとへばり気味になっているとまだ10分も経っていませんでした。

 

その様子をみて、インストラクター(とは言っても学生)が僕に言いました。

 

「時間は永遠にありますよ」と。

 

・・・

 

「いやいや、永遠っておかしいだろ」って心の中で叫びました。

 

でも、その後基本的に、バタ足やクロール、背泳ぎと立て続けに・・・

 

「ちょっとたんま」と疲れた顔で言ったら、インストラクターが「じゃあ、歩きましょうか」と笑顔で。

 

「いや、普通に休憩させろよ」と思いながら、あるいていました、というか歩かされていました。

 

ちょっとは泳げていましたが、正直1時間水の中ってきつかったです。

 

インストラクターの表情や口調は優しかったのです(女子だからかも?)が、やらせることがサイコパスな感じがしました。

 

最後に、「今日はお疲れ様でした、今日は結構疲れたと思うのでよく眠れると思います」と。

 

「本当ですよ、お陰様でぐっすり眠れると思います」と嫌味なく言いました。

 

終わって思いました、「これは初級のクラスのやることじゃない」と。

 

そして、プールの部屋から更衣室まで階段があるのですが、階段がぬれているせいで滑り、おまけに疲れているせいでうまく昇れない状況の中で、頑張って昇り切った途端思い出しました、「プールサイドにタオルを置いてきたことを」

 

もう絶望的でした。

 

ですが、とりあえず頑張ってみました。

 

なんか家に帰ってシャワー浴びてご飯食べて、そのままベッドで寝ちゃいました。

 

いつ寝たかわからないくらいくらい、すぐに寝ちゃいました。

 

こうやって寝られるのは嬉しかったですし、次の日もすごい頭が冴えている感じがしました。

 

やっぱり、運動は脳にとってはいいのですね。

 

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-雑談

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク