雑談

もし苦くないコーヒーがあるとしたら一度飲んでみたくありませんか?

投稿日:


 

僕は、コーヒーが好きでいろんなお店に行っていましたが、この世に苦くないコーヒーがあるなんて夢にも思いませんでした。

 

そのお店は、ぜにさわコーヒーというコーヒ-専門店です。

 

もちろんコーヒーも販売しています。

 

初めて入ったとき、衝撃を受けました。

 

なぜなら、価格が最低1000円なのです。

 

しかも100gでですよ。

 

普通に考えたらあり得ない価格です。

 

しかも上の価格は5000円以上(もちろん100g)。

 

尋常じゃないと思いました。

 

スポンサーリンク
 

 

そこの店主、銭澤さんに「まぁ、座って」と言われ、びくつきながら座ったのを覚えています。

 

そして、銭澤さんがおもむろにコーヒーを淹れてくれました。

 

飲んだ瞬間、衝撃でした。

 

「苦くない」と。

 

今までのコーヒーは何だったんだ(決して誇張しているわけではありません)。

 

しかも、飲んだ後の香りがメチャクチャすごく、コーヒーの香りがそのまま鼻に抜けていく感じがしました。

 

銭澤さん曰く「それが余韻なんです」と。

 

それから、何杯かランクの高いコーヒーもいただき、俗に世間で言われる酸っぱさとは違い、南国のフルーツのような酸っぱさが一番印象的でした。

 

もちろん、フルーツのような酸っぱさなので同時に甘みも感じました。

 

「コーヒーって甘いんだ」とも感じました。

 

そこで、僕のコーヒーの世界観はまるっきり変わりました。

 

今まで苦いと思っていたコーヒーがこんなに口当たりが良く、ざらつきもなく、にもかかわらず香りをしっかり楽しませてくれるものだなんて・・・

 

じゃあ、「あの苦さは何なんですか」と訊いたところ、「あれは焦げているから苦いんだよ」と・・・。

 

今まで、コーヒーは苦いものだと思っていましたが、単純に焦げていたのですね。

 

今となっては、もう焦げたコーヒーは飲めなくなりました。

 

良いものを一回でも飲んでしまうというデメリットかもしれませんね。

 

ですが、本当に良いコーヒーを飲んでみたいという方は、ぜにさわコーヒ-に行ってみてください。

 

宅配もやっているので、遠い人は注文してみるのもいいかもしれません。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-雑談

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク