筋トレ

パーソナルトレーニングが辛いのをそこまで辛くならない方法!

投稿日:2018年7月4日 更新日:


パーソナルトレーニング、辛い

 

パーソナルトレーニングを始めて、もう4回目になります。

 

1回目受けた時は脚が痛いのをお通り越して、ほぼ動かない状態でした。

 

普通なら、やめたくなります。

 

ですが、僕みたいに普通の人がトレーニングをする場合に限っては、同じきつさは訪れません。

 

今回で4回目ですが、23、回目と比べて、筋肉痛はほぼないです。

 

スポンサーリンク
 

 

もちろん、どんなトレーニングもきついです。

 

ではなかったら、トレーニングにはなりません。

 

でも、辛さを軽減させる方法はあります。

 

それは習慣化してしまうことです。

 

僕の場合なら、ストレッチが一番苦手なので、それを毎日瞑想した後にやります。

 

ポイントは、バカみたいに簡単にすることです。

 

しかも、やることは一つだけにします。

 

なぜ、習慣化が良いのかといいますと自動でできるからです。

 

例えば、朝起きて歯を磨くか、磨いたとしても、どの歯から磨こうかなんてことは考えないで行動できるはずです。

 

これが習慣化すごいところなのです。

 

習慣化するためには、何かの前後が良いです。

 

歯を磨いたら、とりあえずスクワットをするとか、ジムに行ったら、とりあえずベンチをするとかでいいです。

 

何でもいいので行動の引き金になる習慣と組み合わせることで習慣化しやすくしやすくなります。

 

そして、やるのは最小限にとどめてください。

 

スクワットなら1回でいいです。というよりもうこれ以上簡単にできないくらいくらいが良いのです。

 

真面目な人はそれじゃあ、トレーニングにならないじゃんと思うかもしれません。

 

ですが、習慣は良くも悪くも考えずにできてしまい、最初は1回だったけど、今日は調子が良いから3回やろうとか思えたりしてきます。

 

もちろん、また1回に戻しもいいのですが、2,3回やる日が続くと、1回では物足りなくなってきます。

 

結果的に、エスカレートさせていけばしめたものです。

 

というより毎日何でも1回やれば、自然にエスカレートしていきます。

 

そうすれば、パーソナルトレーニングもそこまでつらくはなりません。

 

もし、本当に辛ければ、レベルを下げてくださいと頼めばいいだけです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-筋トレ

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク






スポンサーリンク