目標達成

何か目標達成したかったら、避けようとするのではなくご褒美を用意しておくと良いよ!という実験

投稿日:


 

みなさんは目標を達成したいとき、どんな風にしていますか。

 

大きく分けて2つあると思います。

 

それは、「やらないようにすること」と「やる」ということです。

 

つまり、やらないというのは、お酒を飲まないようにするとかです。

 

それに対して、「やる」というのは何かを獲得することです。

 

英会話ができるように、英語を勉強するとかです。

 

果たして、どっちの方が目標達成しやすいのでしょうか。

 

スポンサーリンク
 

 

行動をした方が目標は達成しやすい!?

スウェーデンのカロリンスカ研究所の神経科学者マルク・ギタルト=マシップたちは、実験を行った。(1)

 

参加者はコンピュータの前に座り、指示通り指をスペースキーにそっと置いた。

 

画面に4つのうち1つのイメージが映し出された。

 

仮に、クレーの絵、ピカソの絵、カンディンスキーの絵、マテェスの絵だとする。

 

(実際に使われたのは4種類の抽象的な画像)

 

クレーの絵が映ったら、素早くスペースキーを押せば、参加者は1ドルがもらえた。

 

もちろん、その通りになった。

 

次に参加者は、ピカソの絵を見たらキーを押すように指示された。

 

ところが、今度はもらうためではなく、1ドルを失うことを避けるためだった。

 

行動をしたら被害が防げるということ。

 

その結果、参加者の30%は失敗した。

 

そして、大多数の参加者と同様に、1ドルを得るためにキーを押すよりも、1ドルを失うことを避けるためにキーを押す方が遅く、またキーを押し間違える可能性も高くなった。

 

つまり、人間の脳はご褒美と行動がより強く結びているようですね。

 

だから、素早い反応を起こせるのです。

 

これは脳の「ゴー反応」と呼ばれ、脳深部の中脳から送られたゴー信号が線条体に伝わり、最終的に行動反応をコントロールする前頭葉の領域に到達します。

 

一方で、何か悪いことを予測した時、人間は直感的に後ずさりします。

 

脳が「ノー・ゴー反応」を引き起こすからです。

 

ノー・ゴー信号も中脳の深部から線条体に伝わり、前頭葉に送られます。

 

ノー・ゴー信号の特徴は、反応を抑止する点です。

 

その結果、人間は悪いことよりも良いことを予測した時の方が、行動を起こせる可能性が高くなるのです。

 

ちょっと一言

ですので、何か目標を達成したければ、獲得しに行くという意識でやってみるといいと思います。

 

例えば、ダイエットでも、食べ物を食べないという回避目標ではなく、運動をすることを目標にしたりして、自分にご褒美を用意しておけばいいのです。

 

ただ目標と相反するご褒美はやめてください。

 

運動したらお菓子をドカ食いするとかはダメです。

 

そうではなくて、好きな映画を見るとか、スーパー銭湯に行ってリラックスするとかです。

 

つまり、どんな目標でも「やらない」目標はやめて、自分にご褒美を用意して「やる」目標にしておけばいいのです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-目標達成

執筆者: