目標達成

逆境に強い人の性格になるには?~逆境を乗り越えるためのAQとは!?~

投稿日:2017年4月2日 更新日:


逆境、強い、人、性格、乗り越える

 

僕にとって大事なのは逆境を乗り越えること。

 

もちろん、僕以外にも逆境に立たされる人はいると思います。

 

ところが、逆境を乗り越えられる人そうではない人が世の中にいます。

 

ということは乗り越えられる人たちの特徴がわかれば、どんな人でも乗り越えやすくなりますよね。

 

今回は逆境の乗り越えるためのテクニックを紹介しようと思います。

 

スポンサーリンク
 

 

AQには3つの形態がある

・新しい概念の枠組みで成功のあらゆる側面を理解し、それぞれを伸ばすのに役立つ

・どう対応するかを示す尺度

・逆境への対処法を改善するための科学的な手段

 

AQというのはどれだけ耐え、乗り越え、克服して、困難に打ち勝って、実績を残せるかどうかをはかるもの。

 

さらにそれが強化出来れば、生産性、目標達成、バイタリティー、はね返す力、健康、学習、向上、モチベーション、成功しやすくなる。

 

これがIQやEQよりAQが大事だと言われるのもわかります。なぜなら、自分をコントロールする根幹ですから。

 

実際の実験でも証明されています。

 

ポール・G・ストルツ博士が北アリゾナ大学高所トレーニング施設でAQとパフォーマンスについて調査。ちなみに海抜、7.000mです。

 

NCAA(全米大学競技会)の好成績を収めている大学生たちに50Mを全力で泳ぐように指示。そして、ひそかに1.2秒加え、知らせた。

 

1.2秒はかなり大きな数字みたいです。

 

動揺した選手たちにもう一度泳ぐように指示。

 

結果、AQ判定が高かった選手1人を除いて、1回目より速く泳げ、逆に低かった選手はタイムが遅かった。

 

ただ、ここでおわらず、選手たちにAQを高めるプログラムに参加してもらい、実際にはスポーツ心理学のプログラムだと告げ、翌日もテストを行った。

 

するとなんと、82%の選手が挫折から立ち直る能力が向上し好成績だった。

 

それを聞けば、しりたくなるのは当然の心理。

 

LEAD法

1、傾聴 listen

自分の考えに耳を傾ける

どんな時にAQが高いのか低いのかを認識。

 

2、探求 explore

原因を何が悪くて、何が悪くなかったのかを考える

何をどういう風にやればうまくいったかを具体的に考える

自分の力でどうにかできた部分とどうにもならない部分をはっきり分ける

 

3、分析 analyze

本当に自分に逆境を全くコントロールできないかと理由、証拠、永続的に続くのかを問う

答えは100%根拠はない

 

4、実行 Do

どういう情報を集めれば、どういう行動を取れば逆境を乗り越えられるか

何をすれば逆境をコントロールできるかを考える

逆境の範囲や期間を制限して、他のことに飛び火しないようにする

そして、それに繋がる行動をする

 

ちなみに逆境をなくすのは無理なので普段からこれを習慣化しておくのがおススメ。

習慣化する方法!~コツや日数、期間は考えなくていい!~を参考にしてください。

 

もう一つのテクニックがストップ法と呼ばれるものです。

 

ストップ法

逆境にあったときにパニックになるのを止めるために腕にバンドやゴムをつけ、そうなったらパチンとはじいてみる。そうすると意識がそこへ向くので一歩下がってみることができる。

 

別にゴムとかじゃなくて臭いや味、音や見えるもの、どれか一つに集中すればいいのです。

人間は同時に2つのことは考えられませんのでやりやすいもので試せばいいと思います。

 

運動や音楽、映画でも意識がそれてくれればいいです。

 

僕は予め、紙に対策を書いて常に見えるとに貼っています。

 

これをifthen方式といいます。

 

~をしたら、~をする

 

例えば、

 

逆境に直面した時はLEAD法を思い出すとか。

 

これはかなり強力です。

 

人間が知識を長期記憶に入れるには思い出すことが一番、いいと言われています。

 

そして、無意識に思い出し、行動できるようになったら、こっちのものです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク