目標達成

ポジティブシンキングのデメリット(弊害 )!~心理学の実験でわかった使い方によって逆効果になる~

投稿日:2017年4月27日 更新日:


ポジティブシンキング、デメリット、弊害 、心理学、実験、使い方、効果

 

皆さんは自己啓発書を読んだことがありますか。

 

普段、本屋に行く人なら買わなくても立ち読みくらいはしたことがあるかもしれません。

 

僕は、ポジティブシンキングは良いことだと思い、結構読みました。今となっては科学的おかしいことばかりだとわかっていますので読むことはありません。

 

例えば、「願えば夢はいつか叶う」みたいなやつですよ。本当にこれで夢がかなった人がいるのか怪しとこです。仮に著者本人が「このやり方でうまくいきました」というのも他の人には当てはまるかと言えば、難しいです。

 

そこで自己啓発が間違っている一つを紹介いしたいと思います。

 

そのキーワードは「ポジティブ」です。

 

びっくりしましたか。

 

スポンサーリンク
 

 

ポジティブシンキングのデメリット!

心理学者、ガブリエル・エッティンゲンとヘザー・バリー・カッペスは夢を見ることについて生理的レベルにどう影響をするかを実験した。

 

164人の女子学生を集め、無作為に2つのグループに分けた。コンピューターの画面上に、3分間「ステキなハイヒールを履いている自分を想像してください」というメッセージが表示され、自然にわいてくる感情や思考をメモしてもらった。

 

ある学生は「お気に入りのエルメス」

他にも「堂々と道を歩いている」とか「自分でも自信たっぷりに脚を長く見せてくれる」など。

 

それから3分後、第一グループの学生はハイヒールを履くことにもっとポジティブに考えてもらう。

 

第二グループの学生は「ハイヒールのすべてが魅力的だとは限りません、本当にステキできれいに見えますか?褒められますか?ネガティブな考えや空想を書いてください」と指示された。

 

書いてもらった内容は

「足がすごく痛くて2回くらいつまづく。ハイヒールに気付かない人もいるし、もっと言えば、みんなが褒めてくれるわけでもない。周りより歩くのが遅いと感じ、痛みを和らげるためにハイヒールを脱いだら水ぶくれができている」と。

 

考えたくもないも状況ですよね。でも実は・・・

 

3分のセッションの前後に血圧を測定。

 

ちなみに最高血圧は人がどれだけエネルギーに満ちているかということを示す心血管の測定値。人間は何かやろうといき込んでいる時は、体がよりたくさんの栄養素や酸素を取り込んでいる。それらを体内に巡らせるために心血管系が送り出す血液を増やしている。

 

この実験の目的はハイヒールについて、ポジティブに考えることがエネルギーを与えるのか奪うかということ。

 

別にハイヒールじゃなくてもいいてことですが、多くの女性がしょっちゅう、美しいハイヒールについて空想するらしいので。

 

結果は実験前の両グループに血圧の差はなかった。しかし考えてもらった後、第一のグループ(ポジティブに考えた)学生の血圧は下がり、第二グループ(ネガティブに考えた)学生の血圧には変化がなかった。

 

たった6分間ポジティブに考えていた学生はエネルギーを失っていたということですね。

 

ちなみにたばこは一般的に血圧を5~10ポイント上昇させるが、ポジティブに考えていた学生はその半分の血圧を低下させた。

 

だからと言って、たばこは良いとは言っていません。

 

まとめ

ポジティブな空想は人を生理的に影響を与え、リラックスさせちゃうとはびっくりです。リラックスための散歩、マッサージ・深呼吸などは目標達成のためとは考えないのでいいですが、禁煙やダイエットをしたいと思う時は、ポジティブ思考はエネルギーを奪い、目標達成から遠ざかってしまうのです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク