目標達成

緊張しないためには?~その原因と緊張しない人になる方法~

投稿日:2018年1月10日 更新日:


緊張しないためには、原因、緊張しない人、方法

 

緊張って何であんなにするんでしょうかねぇ。

 

例えば、好きな人を目の前にして告白する時、社会人ならプレゼンや交渉だったり、学生なら試験が一番だと思います。

 

他にもいくらでもあると思いますが、そういう緊張はインセンティブ(外部刺激)によるものなのです。

 

しかし、世の中には緊張しない人もいます。

 

だからあっさり何事もうまくこなせてしまうのです。

 

多分、誰の周りにもいると思います。

 

そこで、じゃあそういう人が何で緊張せず、物事をこなせてしまうのかがわかれば、自分もそうなれると思いませんか。

 

その前に、まずは緊張のメカニズムを!

 

スポンサーリンク
 

 

緊張しない人、緊張する人

カリフォルニア大学バークレー校のエスター・アーツが行った実験では、プレッシャーに強い人と弱い人で成績にばらつきがあることがわかった。(1)

 

被験者がコンピュータを使った課題で成功すると、賞金がもらえるという設定で、緊張する人もいれば、冷静で賞金を持っていく人もいた。

 

その成績の違いのもとをたどると、神経伝達物質のドーパミンが原因だった。

 

この実験では、PETスキャンを利用し、被験者一人ひとりのドーパミンの基準値レベルを測定した。

 

基準値が初めから高いと、目の前の賞金が脳の線条体と呼ばれる部位、つまりドーパミンの過剰摂取の状態を引き起こす。

 

この状態になると、集中しにくくなり、集中力が足りないとゲームで高いスコアは出せない。

 

実験で使われた課題は単純なものだった。

 

画面にボックスが現れて、なかに「左」か「右」のどちらかに文字が入っている。

 

被験者は、左か右かに合わせて2つあるボタンのどちらかを押すだけだが、できる限り早く押さなければならなかった。

 

しかも、ボックスには時々、文字の意味とは逆向きの矢印が付くことがあった。

 

矢印が有効かどうかを示すマークはついているが、矢印を無視したり急いでボタンを押すのは簡単ではなく、かなりの集中力が要求された。

 

ドーパミン・システムが洪水を起こしやすいタイプの被験者は、ゲームで集中力が必要とされるレベルには届かなかった。

 

つまり、お金でモチベーションが高くなりすぎると、集中できなくなってしまうということです。

 

では、冷静になるためには・・・

 

緊張しないために

ドーパミンが過剰に分泌している時の緊張状態は、必ずインセンティブがあります。

 

試験ならいい点を取りたい、サッカーならシュートして点数がほしいなどです。

 

この時に冷静でいられればいいのです。

 

それをいくつか紹介します。

 

・呼吸をゆっくりにする、または瞑想

瞑想で血圧は下がる!?

アンガーマネジメント(アンガーコントロール)する怒りを鎮めるトレーニング方法!

 

・自分の感情を観察、または自分の感情をどんどん紙に書く

自分の気持ちがわからない時(自分がどうしたいのかわからないなど)、自分感情を書き出せば、気づけることもある!

ジャーナリングとは?~やり方と効果を解説!テーマは自由で良い!~

 

・結果を考えずに今、目の前のことに集中する

フロー状態になるには?~フロー状態になる方法、入り方の条件~

 

他にも、

オキシトシンを増やす、分泌させるには?~作用と効果を得るためには?~

が効果的です。

 

時と場合によってできること、できないことがあるので使いわけてください。

 

まぁ、ドーパミンの過剰分泌を抑えられて、冷静になりさえすればいいので何でもいいです。

 

ちょっと一言

集中力を必要とするゲームで、インセンティブ(お金などの報酬)があると、緊張してしまう人と冷静でいられる人がいました。

 

その違いは、ドーパミンの基準値レベルだということがわかりました。

 

緊張している人はドーパミンが過剰に分泌し、冷静でいられる人はそれほどではありませんでした。

 

一般的にドーパミンというホルモンはやる気を高めてくれると言われますが、インセンティブなどで過剰に過剰に分泌すると、集中力がなくなってしまい、かえって成績が悪くなります。

 

もちろん、インセンティブが全部悪いわけではなく、いかに目のことに集中できるかが大事であって、そのためには冷静になる必要があるということです。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク