目標達成

todoリストの意味とは?~todoリストの作り方と使い方とその例~

投稿日:2018年6月13日 更新日:


todo、to do、リスト、意味、作り方、使い方、例

 

今まで、スマートゴールストレッチゴールについて説明してきましが、実はこの両方は諸刃の剣みたいなものなのです。

 

スマートゴールは自分のレベルに合わせ、やることが明確になるのですが、これがだいたいにおきまして、やれることしかやらなくなってしまい、成長していかないというデメリットがあります。

 

一方のストレッチゴールは大胆な目標を立て、そこに向かう気持ちにはなりますが、何をどこから手をつけていいのかわからず、返ってパニックに陥ってしまうというデメリットがあります。

 

逆に、この二つの良いところを使えば、大きな目標を達成しやすくなります。

 

つまり、大きな目標を立て、それを細分化し何をやればいいのかが見えてくるので取り掛かりやすくなります。

 

スポンサーリンク
 

 

todoリストが必要な意味とは?

デューク大学で行われた実験では、大学の陸上選手たちにトラックを走らせ、合図をしたら10秒以内に200メートル先にあるゴールにできるだけ近づくように指示した。(1)

 

もちろん、学生はそんな目標、ばかげていると思っているずですけど。

 

結果、彼らは平均して、10秒間に59.6メートル走った。

 

数日後、同じ選手たちに同じ課題を与えた。

 

ただし、ゴールは100メートル先に置かれていた。

 

これでも、まだ無理がありますね。

ウサイン・ボルトなど世界トップクラスの選手ならいけますが。

 

今回、選手たちは平均して10秒間に63.1メートル走った。

 

調査を行った研究者によれば、陸上短距離の世界では、これは大きな差であると。

 

研究者は、この距離の差を「より短い距離(100メートル)は、まだ無理がある設定ではあるが、熟練した陸上選手が使い慣れている方法的計画とメンタルトレーニングが適応される。言い換えると、より短い距離の場合、選手たちは、ストレッチゴールをいくつかのスマートゴールに分解する作業を行っている」と説明。

 

調査した研究者は、「参加した選手たち全員が規則的な練習を行っているので、10秒で100走るという課題が与えらた時、その課題にどう対処していいのかわかっていたのである。選手たちはそれをいくつかの部分に分解して、他の短距離走と同じに扱えたのだ。スタートでダッシュし、他の走者達を引き離し、最後に全力で走る、だが、彼らも10秒で200メートルを走るという課題に直面した時には、実際的なアプローチを思いつくことができなかった。大きすぎる課題を、扱えるような部分に分解することができなかったのだ。スマートゴールの基準に相当するものがなく、単純に彼らの能力を超えていたのである」と書いている。

 

ちなみに、ウォルター大学やメルボルン大学などの実験でも同様の結果だった。(2)

 

todoリストの作り方、使い方!

カールトン大学の心理学者、ティモシ-・ピチルは、記者のチャールズ・デュヒッグに「todoリストは正しく使いさえすれば素晴らしいものだ。でも、もし人が『私は時々、すぐ片づけられるような簡単なことを書きこむ気分が良くなるからだ』と言ったら、それはまさしく間違ったtodoリストの作り方だ。生産性を上げるためではなく、自分の気分を良くするためにリストを作っているからだ」と語った。

 

つまり、そのtodoリストが、大して重要ではないメールの受信箱のチェックとか充てられ、気分が良くなるだけで、目標を見失っているということです。(3,4,5,6)

 

ですので、壮大な目標を立てるストレッチゴールと、そのデメリット(何をやればいいのかわからなくなること)を防いでくれるスマートゴールを組み合わせればいいのです。

 

todoリストの具体例!

例えば、僕がブログで月100万PVを目指しています。

(これがストレッチゴールです。)

 

で、これを短期的で具体的な部分に分解するのです。

 

そして、日単位、週単位、月単位で現実的にどれくらいできるのか予測を立てます。

 

最初は予測を立てるのが難しいので、とりあえず最初の1週間くらいは自分がどこまでできるかを記録しておきましょう。

 

僕の場合は、1日ブログを1つ上げるようにしています。

 

100万PVを超えている人は、だいたい1000記事以上書いているようです。

 

そう考えると、毎日1つ上げてだいたい3年弱が一つの目安になります。

 

目標設定の流れ

ストレッチゴールは何か?

100万PVを達成

具体的なサブゴールは何か?

毎日記事を投稿。

どのように成功を測定するのか?

1500文字(±25%)くらいのペースで書く。

2週に1回はチートデイで、思ったことを1000文字くらいで書く。

それは達成可能か?

1日4時間あれば、大丈夫。

現実的か?

4時間は他のことよりブログを優先させる。

期間設定はどうするか?

3年以内なら1000記事は達成可能だが、1週間に最低1日は2記事を投稿。

それを2,3,4・・・

もちろん簡単にいかないが、アイデアを考える。

ただ、記事の質は落としたくない。

 

そして、ブログのtodoリストはネタ探し、そのネタをどんな風にブログに載せるか、出だし、中身、結びを書く。

 

みたいなのが僕のやっているtodoリストです。

 

研究者のピチルは、todoリストを作成する時、まずページの一番上にストレッチゴール(例えば、「目標設定と神経学とのインターフェイスを説明できるような研究をする」)を書く。

 

その下に、中核項目(具体的に何をすべきかに関する細かい仕事)について書く。

 

「具体的行動:助成金申請をダウンロードする。期日:明日までに」

 

ピチルは、「こうやって私は絶えず、次に何をしなければならないのかを自分に言聞かせているわけだが、同時に単に自分の気分を良くするためだけの些細なことをやるという泥沼に沈まないように、もっと大きな計画を忘れないようにしている」と言っている。

 

ようは、大きな目標が見えてさえすれば、今やっている小さなことは大きな目標ためだけのものになり、どうでもいいことはtodoリストから消えていきどんどん課題が核心に近づいていくのです。

 

南カリフォルニア大学ビジネススクールの学部長だったスティーヴ・カーは、記者のチャールズ・デュヒッグに「自分たちにやっていることが世界中に影響を与えるとは夢にも思わなかった。ゴールについて考え方を変えさせれば、行動の仕方を変えさせることができる。我々はそれを証明した。やり方さえ習得すれば、ほとんど何でもできるようになる」と語った。

 

さらにストレッチゴールを詳しく知りたい方は以下を参考にしてください。

(7,8)

 

ちょっと一言

まずは、自分なりに試してください。

 

関連記事として、

 

優先順位のつけ方は、仕事などで正しい判断をしなくてはいけない順番に!

todoリストの作り方(やることリストの作り方)!~科学的に正しい順番とは?~

 

も参考にしてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク