目標達成

夢を叶えるために必要なこと!~目の前のことに捉われず、長期的な視点を持つこと~

投稿日:2018年5月4日 更新日:


夢、叶える、必要、目の前、長期的、視点

 

どんな人にでも夢はあるはずです。

 

また、夢のない人でも夢はもてます。

 

夢と言えば、言い換えれば、長期的な目標ではないかと思います。

 

例えば、「起業したい」「スポーツ選手になりたい」「芸術の分野で食べていきたい」など。

 

そのために一番大切なことが、持続させることです。

 

よく、夢を諦めたなんていうセリフがありますが、平たく言えば挫折です。

 

では挫折をしなければ、夢が叶う可能性が高くなると思いませんか。

 

それには、二つの要素が基本的に大事になってきます。

 

多分、「努力」や「気合」などと思った方もいると思いますが、全く別のものです。

 

それは何だと思いますか。

 

スポンサーリンク
 

 

夢を叶えるために!

ドイツの神経科学者、エスター・ディークホフとオリヴァ―・グルーバーは、前頭前皮質と側坐核のつながりについての機能的な違いを見つけるために、被験者を欲望と理性のジレンマにさらす実験を行った。(1)

 

ちなみに前頭前皮質が理性を司り、欲望は側坐核が司っています。

 

18人の若い被験者に衝動性と新奇探索性(多分ビッグ5でいう開放性)を評価するための、標準化されたアンケー調査を受けてもらった。

 

その後、実験の第一段階では、被験者にあるゲームをしてもらった。

 

それは、一度に一つ、色のついた正方形を見せられ、それを集めるか捨てるかを毎回ボタンで選択するというものだった。

 

選択後、その選択が小さな報酬(1ポイント)につながるかどうかを知らされた。

 

ポイントは、現金と同じで、ゲーム後に獲得したポイント分が現金としてもらえるというものだった。

 

これを練習して、被験者はより適切な正方形を選んで報酬を稼ぐことに慣れていった。

 

第二段階でも、被験者に同じことをしてもらった。

 

ただ、今回はゲームの間にfMRIで脳を調べられた。

 

また、被験者には長期的な目標を追い求めるようにしてもらった。

 

事前に決められた三食のブロックをゲームの終わりまでに集めるように指示をした。

 

もし、成功すれば、多くのポイントが得られ、もらえる金額もそれで決まる。

 

また、ターゲットになっているブロックにはない色を選ぶことができる。

 

ブロックにはない色を選ぶ、つまり選ぶべき色から「浮気」をすることで、より多くのポイントが獲得でき、もらえる金額も増える。

 

ところが、目標達成できなければ、失格になり、ポイントはすべてなくなることにもなっていた。

 

そのため、長期的な目標を達成するにはできる限り、たくさんのポイント稼ぎ、目の前の誘惑に屈しないことが重要だった。

 

その結果、目の前の報酬を選んだ時には、被験者の脳の側坐核と腹側被蓋野が活性化していた。

 

また、欲望と理性のジレンマに直面した時はこれらの領域はおとなしくなった。

 

衝動性と新奇探索性のスコアが最も低かった人は、前頭前皮質と側坐核の間の抑制シグナルが最も強く、また、長期的な目標に最も集中できていた。

 

 

研究者たちは、「この結果は動物たちのデータ一致する。この実験は欲望が理性に衝突する時に、前頭前皮質と側坐核と腹側被蓋野の間で、抑制的な結合の増強が示されたことから、人間が類似した機構を持つ可能性を示す初めての根拠をもたらすものだ」と述べた。

 

そして、「人間は生まれつき、目の前の報酬に応じてしまうバイアスがある。私たちが何か自分の報酬回路を刺激するもの(セックスの機会など)に気付いた時、そのバイアスに抗い、長期的な目標に奉仕する能力の高さは、この回路と前頭前皮質の間における相互作用の強さかもしれない」と。

 

確かに長期的な目標を達成するためには、目の前の欲望に捉われていたらその夢はかないません。

 

ですが、この実験はシンプルすぎて、選択肢が二つしかありません。

 

現実的には選択肢がたくさんあります。

 

ここで言う新奇探索性は好奇心、チャレンジ精神のことを言っていると思います。

 

このゲームでは、地道にコツコツやれば勝てるようになっていたと思います。

 

ですが、現実世界では、そんなことは通用しません。

 

間違ったことを一生懸命にやっても、報われません。

 

ですので、新奇探索性が大事なのです。

 

これはリスクをとることではなく、もっと良いやり方はないかと考える力のことです。

 

そうすれば、最初はうまくいかなくても改善を重ねていくことで、だんだん当然のことながらうまくいくはずです。

 

大事なのは自分の頭で考え、工夫し続けることです。

 

それができれば、どんなことでもできるようになっていきます。

 

ちょっと一言

理性的な人の方が、長期的な目標を達成しやすいということがわかりました。

 

心理学の中では性格を5つに分けられますが、その中で、成功に最も必要だとされるのが、「誠実性(勤勉性)」だと言われています。

 

ですが、先ほども言ったように、ただ地道にやればいいというわけではなく、新しいことにチャレンジし続けていくこと(開放性)により、自分のすべきことが改善され、結果的に良い方向へ進むことができるので長期的な目標が達成されやすくなるのです。

 

ちなみにうまくいく時もいかない時もあると思います。

 

うまくいっている時は、長期的な目標に目を向け、うまくいかない時は、目の前のことにだけ集中してください。

 

ずっとうまくいかないことはないので。

 

ですので浮き沈みによって、視点を変えることでやる気がなくなるのを防いでくれます。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク