目標達成

辛い時の乗り越え方は家族より友達のためだと思えば、努力しやすくなる!

投稿日:2018年2月18日 更新日:


辛い時の乗り越え方

 

乗り越えなきゃいけないのは分かっているけど、「やりたくない」「面倒くさい」「辛い」・・・例を挙げれば、きりがありません。

 

よく、「つらい経験は自分のためになる」みたいなことが言われます。

 

ですが、そんなことを言われて、やる気になる人がいますか。

 

みんな自分のことは大事ですが、「将来の自分」より「今の自分」が大事なので、なかなか努力する気になりません。

 

では、目の前に大事な人のことを考えれば、うまくいくと思いませんか。

 

スポンサーリンク
 

 

 辛い時の乗り越え方!

オックスフォード大学のフレイア・ハリソンは、被験者に空気イス(あたかも椅子に座っているような、スクワットで止まっている状態のエクササイズ)をさせて、報酬を出すという実験を行った。(1)

 

被験者にじかに報酬を出す場合と、知り合いや友達などの被験者以外の4人のいずれかに渡す場合を設定した。

 

結果、被験者は親友に報酬が出る時には、自分がもらえる会より平均で1.5倍長く過酷なエクササイズに耐えた。

 

そして、親戚などを含む家族のためには自分のためほどは長く続けられなかった。

 

家族は絶対的につながっているという安心感がある一方、友達の場合は不安定なので、だから頑張るのかなという気がします。

 

仕事でも勉強でも、辛かったら何か友達のために頑張っているんだと意味付けすれば、この実験結果から努力しやすくなると思います。

 

誰でも人から必要とされたいので、それを利用すれば目標達成しやすくなるということです。

 

ちょっと一言

過酷なエクササイズでも、「家族や自分のために」と思うより、「友達のために」と思うことで長く堪えることができました。

 

このあたりは冷水に手をつけてどれくらい耐えられるかという実験とも似ていますね。

 

その時は希望度が高い人ほど長く手をつけられたという結果になっていました。

 

ですので、今回の「友達のために」と思うことと、希望をもつことでより目標達成はしやすくなると思います。

 

さらに貯金の仕方でも、自分が年をとった姿を見ると、貯金しやすい、つまり目標達成しやすくなります。

 

ぜひ、試してみてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 

-目標達成

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク





【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。他には、どんどん新しいことを知って挑戦していくことと、そんな人が好きです!

スポンサーリンク



スポンサーリンク