性格

くよくよしない性格の人の特徴!~失敗を乗り越えるために~

投稿日:


くよくよしない、性格、人、特徴、失敗、乗り越える

 

基本的に、僕はくよくよするタイプでした。

 

うまくいかなかったときなど、全部投げ出したくなるようなこともありました。

 

まぁ、ほとんどの人はそこまでならずともくよくよすることもあると思います。

 

ですが、物事の捉え方を変えれば、結果が大きく変わってきます。

 

今回のテーマは“失敗”をどう捉えるかで人生が大きく変わってきてしまうというお話をします。

 

スポンサーリンク
 

 

失敗の捉え方で!?

コロンビア大学心理学者ジェニファー・マンゲルズたちは、固定型マインドセット(能力は生まれつきで努力は報われないという考え方)を持つ人たちと成長型マインドセット(努力を積み重ねればいつか成果に結びつくのだという考え方)を持つ人たちがフィードバックを受け取った時の脳内の様子を調べた。(1)

 

すると、固定型マインドセットを持つ人たちは、想定外のフィードバックかどうかに関わらず、否定的なフィードバックにいつまでもこだわる傾向が見られた。

 

さらにひどい場合には、脳が思いつく改善案まで無視してしまった。

 

この調査では、まず47人の被験者のマインドセットを研究者たちが判定し、固定型マインドセットと成長型マインドセットのグループに振り分け、次に一般的な知識を問う問題を解いてもらった。

 

そして、被験者たちは問題に解答し、その解答の自信度を自己評価とし、その後正解が伝えられた。

 

その間も、被験者たちはずっと脳波の記録装置につながれたままだった。

 

8分後、被験者たちは不正解の問題について再テストを行うと突然告げられた。

 

ちなみに、それが告げられたのは再テスト直前だった。

 

最初のテストでは同じくらいの成績でも、成長マインドセットを持つ人たちの方が再テストで好成績を収めた。

 

彼らは失敗を取り戻せると信じ、実際に取り戻した。

 

一方で、固定型マインドセットを持つ人たちは否定的なフィードバックに対する脳波の反応が相対的に大きかった。

 

ようは、そういう人たちは失敗を嫌なものだと捉え、忘れようとし、その結果、自分を成長させるチャンスを捨てたのです。

 

ちょっと一言

考え方の違いで差が出てくることがわかったと思います。

 

これは実験なのですが、この差は現実にはかなり大きくなってきます。

 

というのも、普段から数え切れない失敗なんて誰でもします。

 

そう考えると、その分隔たりが出てくるのは当然です。

 

だからといって、「自分は固定型マインドセットかな」と思う人でも、成長型マインドセットを持てます。

 

詳しくは、

・子供を褒めるなら、効果があるのは努力と結果のどっち!?

・継続は力なりということわざは、心理学的な意味でも理にかなっている!

・やる気が出る、やる気を出す方法は心理学的に答えがある!

を参考にしてください。

 

スポンサーリンク
 

スポンサーリンク
 


他にも色んなジャンルから(勉強法やコミュテクなど)たくさんの記事が読めます!  
カテゴリー一覧
 カテゴリー

-性格

執筆者:



【ヨースケ】

大学を出て多くの就職面接に失敗。そして、日本の企業には就職しないことを選択。好きなことの中の1つは読書。その知識をシェアしたいと思い、ブログを始めました。

スポンサーリンク